AMAZING THAILAND

タイ国政府観光庁

Tourism Authority of Thailand

to English

バンコク市内交通

Bangkok City Traffic

พาหนะเดินทางในกรุงเทพฯ

タイの首都・バンコクでの移動手段はさまざま。近年、スワンナプーム国際空港と市内を約15分で結ぶエアポートレイルリンクをはじめ、地下鉄「MRT」や高架を走る鉄道「BTS」は、都心の観光に安心かつ便利な公共交通機関です。鉄道ではカバーしきれないエリアはタクシーを活用することになります。また、タイでお馴染みの「トゥクトゥク」やチャオプラヤー川を運航するエクスプレス・ボートを利用すれば移動の合間に、庶民の生活ぶりなどタイならではの光景もかいま見ることができます。下記は、バンコク市内の交通手段を紹介しています。

バンコク市内の交通路線図をPDFで開きます。

ARL(エアポート・レール・リンク)

スワンナプーム国際空港駅とバンコク市内を結ぶ、タイ国鉄が運営する高架鉄道で、2010年8月23日に開通しました。列車と運行時間は以下の通りです。
http://www.srtet.co.th/en/index.html

  • スワンナプーム国際空港駅

    สุวรรณภูมิ

    Suvarnabhumi

  • ラークラバン駅

    ลาดกระบัง

    Lat Krabang

  • バーンタップチャーン駅

    บ้านทับช้าง

    Ban Thap Chang

  • フアマーク駅

    หัวหมาก

    Hua Mak

  • ラームカムヘーン駅

    รามคำแหง

    Ramkhamhaeng

  • マッカサン駅

    มักกะสัน

    Makkasan

    地下鉄(MRT)ペチャブリ駅へ徒歩約4分
  • ラーチャプラーロップ駅

    ราชปรารภ

    Ratchaprarop

  • パヤタイ駅

    พญาไท

    Phaya Thai

    BTSスクンビット線パヤタイ駅直結

営業時間 06:00~24:00

特急 Makkasan Express
空港-マッカサン 約15分 90バーツ(往復150バーツ券あり)1時間おきに発車
特急 Phaya Thai Express
空港-パヤタイ 約17分 90バーツ(往復150バーツ券あり)1時間分おきに発車
各停 Local
空港-パヤタイ 約30分 15~45バーツ 20分おきに発車
各停は通勤車両です。大きな荷物を置くスペースがありませんのでご注意ください。
※2015年7月現在、特急は運休中※

BTS(高架鉄道)

http://www.bts.co.th/customer/en/main.aspx

BTS(Bangkok Mass Transit System Public Company Limited)は、サイアムをはじめ、ラーチャダムリ通り、スクンビット通り、シーロム通りなどバンコクの都心を運行する高架鉄道で、地元住民はもちろん、観光客にとって便利な公共交通手段のひとつになっています。路線および運行時間は以下の通りです。

シーロム線

区間
:ナショナル・スタジアム駅とウォンウェン・ヤイ駅を結びます。
運行時間
:6時から24時まで、約4~8分の間隔で運行。
運賃
:15~42バーツ。

スクンビット線

区間
:モーチット駅~ベーリン駅。
運行時間
:6時から24時まで、約4~8分の間隔で運行。
運賃
:15~42バーツ。

乗車券の購入

乗車券の購入は駅の自動販売機でできます。乗車料金は乗車駅から目的駅までのゾーン1~4に分けられて表示されています。目的駅に書かれている数字がゾーン番号です。なお、乗車駅は黄色でマーク表示されています。自動販売機に表示されている番号に沿って購入します。

  1. 目的駅のゾーン番号を押します。
  2. 表示された金額を投入します(5バーツ、10バーツ硬貨のみ使用可能)。
  3. チケットを受け取ります(飛び出してくるので注意)。
  4. おつりが出ます。
  5. 紙幣の両替や1日乗り放題のワンデイパス(140バーツ)など期間限定乗車券の購入は、インフォメーション・カウンターで受け付けています。
通常の乗車券はリサイクル使用されており、裏側に路線図が印刷されているものもあります。乗車券のサイズは日本の定期券やクレジットカードとほぼ同じサイズです。乗車券についての詳細は公式HP上で確認できます。

子ども料金

子ども料金の設定はありませんが、身長が90cm未満の場合は無料です(それ以上は大人料金)。タイの「子どもの日(1月の第2土曜)」に限り、子どもの身長140cm以下は無料となります。なお、自動券売機の横に身長の目安表があるので参考にしてください。

お得なプリペイドカード

乗車券には1回乗車券の他に、お得で便利なプリペイドカードもあります。各駅のチケットオフィスで販売しています。

  1. 30 Day Adult Pass / 30日間有効のプリペイドカード 450バーツ(15回分)/700バーツ(25回分)/1,040バーツ(40回分)/1,250バーツ(50回)
  2. One Day Pass / 1日間乗り放題のフリーパス(140バーツ)

改札を通る

改札は自動改札。緑の矢印ランプの改札を通ります。まず乗車券を改札手前の側面に表記されている矢印の方向に差し込みます。ほどなく開閉扉の手前(上側)から出てくる乗車券を引き出すと、扉が開きます。扉が開いている時間は思いのほか短いので注意。下車の場合も乗車時と同様の手順です。ホームには防護柵はありませんが、警備員が常駐しているので安心です。

駅内での禁止事項

飲食・喫煙などは禁止。ゴミ箱やトイレは設置されていないので注意が必要です。

インフォメーションセンター

スクンビット線のナナ駅、サイアム駅には、ツーリスト・インフォメーションセンターがあります。ここでは観光情報の提供以外に、BTSオリジナルTシャツやキーホルダー、ポストカードなどの販売も。

エレベーター設置駅

モーチット駅、サイアム駅、アソーク駅、オーンヌット駅、チョンノンスィ駅、クルントンブリ駅、ウォンエンヤイ駅、ポーニミット駅、ウッターガート駅、バンワー駅の駅には、介助を必要とされる方へのエレベーターが設置してあります。エレベーターはBTSが運行している時間帯、6:00~24:00で利用できます。

エレベーターの使い方は次のとおりです。

  1. 利用客は1階でエレベーターの前に付いているボタンを押します。
  2. 駅係員がインターカム(通話装置)を通じて、利用客に応対します。
  3. 駅係員が利用客をプラットホームの階へエスコートします(付き添いの乗客は階段またはエスカレーターを使い、コンコースの階でチケットを購入します)。尚、モーチット駅(チャトゥチャック市場の反対側)とサイアム駅(サイアム・パラゴンの前とサイアム・スクエア側)には、介助を必要としない乗客自身で利用できるエレベーターも設置され、6:00~18:00の時間帯で利用可能です。

MRT(地下鉄)

http://www.bangkokmetro.co.th/index.aspx?Lang=En

2004年に開通した地下鉄MRT(Mass Rapid Transit Authority of Thailand)」は、現在ホアランポーン駅(国鉄バンコク中央駅前)とバンスー駅を結ぶ20km(18駅)を運行しています。シーロム駅、スクンビット駅、チャトゥチャック駅はBTSの駅と連結しています。

乗車券の購入

駅にはタッチパネル式の券売機が設置されています。「ENGLISH」ボタンで英語表記に切り替えて目的の駅を押し、表示される料金を投入します(1・5・10バーツ硬貨と20・50・100バーツ紙幣が使用可能)。一般乗車券はプラスチック製のコインのような「トークン」です。

子ども料金

MRTAには子ども料金の設定があります。子どもの身長が90cm以上120cm未満の場合、子ども料金が適用されます。なお90cm未満の場合は無料です。駅構内に身長の目安表があるので参考に。

改札を通る

改札は自動改札。緑の矢印ランプの改札を通ります。乗車券の「トークン」を改札入り口の車両図がある部分(手前の赤色パネル部分)にかざすと扉が開きます。下車の場合はトークンを手前の投入口に入れると扉が開きます。扉が開いている時間は思いのほか短いので注意しましょう。ホームは防護扉が設置されています。車両はBTSと同メーカー製のため、外見と車内は同じです。地下鉄出口前には、地上出入り口の案内図があります。

改札口

駅構内での禁止事項

飲食・喫煙などは禁止。ゴミ箱やトイレは設置されていないので注意が必要です。

エレベーターの設置駅

全駅にエレベーター設置しています。また運行する全車両に車椅子用スペースが有ります。

現在タイではテロの未然防止やテロに対する警戒意識の向上を図るため、タイ国鉄やBTS線の一部の駅、地下鉄線の全駅、一部デパートなどの出入り口付近で、右の写真のようにセキュリティーチェックを行っております。お手持ちのカバンの中身を確認することがありますのでお客様のご協力をお願いいたします。また、BTS線や地下鉄線内では警官や爆弾探知犬が巡回することがありますので予めご了承ください。

路線バス

路線バスは系統が数字で振り分けられていて、行き先はフロントガラスと側面に表記されています(アルファベットで書かれているバスもあります)。ちなみにどの路線バスも時刻表はありません。路線図は書店で販売しているので、バス利用の際は購入しておきましょう。路線によって車両のタイプや乗車方法、料金などが異なるので乗る前に詳細を把握しておくのがおすすめです。また英語が通じない場合がありますので利用の際には注意しましょう。

車両タイプ

冷房が付いているバスと付いていないバスの2種類があります。それぞれ乗車料金が異なります。

1冷房付きバス

全て目的地(距離)によって料金が変わります。子供料金の設定はなく、車掌の判断により料金を徴収しない場合も。

初乗り料金(目安)

  • 青色バスで緑色の帯状が入っているバス:11バーツ~19バーツ
  • 白色バスで緑色の帯状が入っているバス:11バーツ~19バーツ
  • 白色バスで緑色の帯状が入っている連結バス:11バーツ~19バーツ
  • オレンジ色のバス(通称ユーロバス):12バーツ~24バーツ

2冷房のついていない普通バス

  • 乗車料金は一律です。子とも料金の設定はなく、車掌の判断により料金を徴収しない場合も。
  • クリーム色のバスで赤い帯が入っているバス:一律7バーツ
  • 白色バスで青い帯が入っているバス:一律8バーツ
  • 白色バスで青と黄色の帯が入っているバス:一律8バーツ

乗車・降車方法

すべての車両がバス停に停車する訳ではないので、乗車する場合はタクシーを拾うように手を出しましょう。なお、市内のバス停には停車するバスの番号が表記されていますが、まれに番号以外のバスが停車することがあります。降車の際はブザーを鳴らせば停車してくれます。

memo

主要な観光スポットを走行する路線バス情報

観光スポットを走行する路線バスについては、タイ交通公社の下記のウェブサイトからご確認いただけます(英語ページ)。Bangkok Travel – Bangkok Mass Transit Authority (BMT)

バンコクのバス路線図を調べる方法

路線バスのルートを日本語でまとめたサイトとして、下記のようなページがあります。ご参考下さい。

タクシー

一般タクシー(Taxi Meter)

タクシーは法人と個人(緑と黄色のツートンカラー)の2種類。走行距離・時間から運賃を計算するメーター制です。初乗り料金は最初の1kmまで35バーツ、その後1km毎に2バーツずつ課金されます。基本的にチップは不要ですが、コインのつり銭は受け取らないのが一般的。なお、長距離の場合や貸し切りの場合は交渉制になります。

トゥクトゥク

トゥクトゥク

タイ旅情を最も満喫できるのがこの屋根つき三輪タクシー「トゥクトゥク」。渋滞をすり抜け、細い路地まで入って行くフットワークの軽さが利点です。料金は乗車前の交渉次第ですが、だいたい40~200バーツくらい。

ソンテウ・サムロー

ソンテウ・サムロー

バンコクを離れ、ナコーンプラトムやサムットソンクラームなど郊外や地方を訪れると活躍しているのが「ソンテウ」と「サムロー」。ソンテウはトラックの荷台を客席に改造した乗合バスで、地方の都市間を運行しています。サムローは人力の3輪車。料金は交渉制で、地方の街中を走っています。トゥクトゥクのことをサムローと呼ぶ場合もあります。

ボート

ボート

http://www.chaophrayaexpressboat.com/en/home/

運河が発達しているタイ中央平野部では、水上交通が庶民の足として活躍しています。バンコクのチャオプラヤー川を走る「エクスプレス・ボート」は市内の交通手段のひとつ。渋滞のイライラもなく、川沿いの景観を楽しみながら快適に移動できるので、観光としてもおすすめです。料金は4~40バーツ(乗船区間により異なります)。 水上交通にはこの他に路線ボートやチャーターボート、ディナー・クルーズなどがあります。