AMAZING THAILAND

タイ国政府観光庁

Tourism Authority of Thailand

to English

ワット・アルン(暁の寺)

Wat Arun

วัดอรุณราชวราราม

map search

「暁の寺」としてタイでもっとも有名な寺院のひとつ。1767年、タークシン将軍はビルマによる侵攻で荒廃したアユタヤの地を離れてチャオプラヤー川をくだり、とある夜明けにこの寺に辿り着きました。そしてこの周辺を拠点に、現在のバンコク王朝の前身にあたるトンブリー王朝を開き初代の王に。当時ワット・マコークと呼ばれていた小さな寺院は、そのことから「暁の寺」と呼ばれるようになったという言い伝えがあります。また、ヴィエンチャン攻略で戦利品として持ち帰えられたエメラルド仏(持ち帰ったのは当時タークシン王の部下だったところの後のラーマ1世)が祀られ、「王宮寺院」となっていた時期もありました(現在エメラルド仏はワット・プラケオ内でみることができます)。ラーマ2世の頃に建設が始まり、ラーマ3世の時代に完成した現在の美しい仏塔は、バンコク様式で、10B硬貨にも描かれています。

利用時間
7時半から17時半まで
住所
34 Arunamarin Rd., Wat Arun, BangkokYai, Bangkok 10600
アクセス
エクスプレスボートのターティアン船着き場より渡し船(3B)
利用料金
拝観料50B

周辺の施設

map search