Green Tourism of Thailand

美しい地球のために
タイのグリーンツーリズム

タイ南部

マレー半島へと南下すれば、西にプーケットやクラビ、東にはサムイ島をはじめとするリゾートアイランドが点在します。本格ダイバーだけでなく、シュノーケリングやスキューバダイビングなどソフトに海を楽しみたいファミリーにもおすすめ。希少な海洋生物を間近で観ることができるでしょう。

ウミガメの産卵地

<タイ南部>プーケット県 プーケット島 マイカオ・ビーチ Mai Khao Beach

「アンダマン海の真珠」と呼ばれるプーケット島のなかでもマイカオ・ビーチはスリナット国立公園に位置する島で最も長いビーチ。ウミガメの巣が多く、産卵地として知られています。タイの旧正月にあたるソンクラーンの時期には、生まれたウミガメたちを海に放つ「タートル・リリース・フェスティバル」も開催されます。

シュノーケリング

<タイ南部>パンガー県 スリン群島 Surin Archipelago

シュノーケリングを体験するなら、浅瀬のサンゴ礁が広がるスリン群島の島々を目指すとよいでしょう。クラブリの船着き場から沖合に約60キロ、ウミガメやロブスター、コウモリウオなどが見られます。

<タイ南部>クラビ県 ランタ島 Ko Lanta

クラビ県の南部に位置するランタ島は、ランタ・ヤイ(大きい島)とランタ・ノイ(小さい島)の2島からなり、島全体が国立公園に指定されています。美しいビーチが広がる西海岸のなかでも、南の沖合には数多くのシュノーケリングポイントが点在します。

ジャングルトレッキング

<タイ南部>スラーターニー県 カオソック国立公園 Khaosok National Park

原生熱帯雨林の巨木と野生動物で知られるカオソック国立公園では、ジャングルトレッキングが楽しめます。石灰岩の断崖から滝が流れ落ちる川沿いのトレイルは、古代の木々からの木もれ陽と緑の霊気にあふれています。カオソックの熱帯雨林には、1億6千万年前の生態系がそのまま残っているといわれています。野生保護区と隣接しており、鳥類は180種以上、野生の象や豹、カモシカなどが生息します。トレッキングに最適な時期は12〜5月の乾期。雨期になると鉄砲水の危険性もあり、また、路面が滑りやすくなるので要注意です。

◆参考サイト:KHAO SOK National Park(英語)
http://www.khaosok.com

スキューバダイビング

<タイ南部>パンガー県 シミラン島 Similan islands

世界屈指のダイビングスポット・パンガー県のシミラン島は、9つの諸島が連なるタイ国立海洋公園。サンゴ礁はじめ、世界に珍しい海洋生物の宝庫として知られ、ダイバーたちの憧れの場所になっています。

◆参考サイト:amazing THAILAND [タイ国政府観光庁](日本語)
http://www.thailandtravel.or.jp/activity/diving.html

カヌー

<タイ南部>クラビ県 ホン諸島 Mu Ko Hong

海カヌーを体験したいなら、本土以外に130もの島々からなるクラビ県がよいでしょう。アオナン・ビーチから小さなボートで約50分、北西に浮かぶホン諸島は、大きな島が2つと小さな島々からなる国立公園内の日帰りスポットです。エメラルドグリーンのラグーンで、カヌーを楽しむことができます。

ジュゴン・ウォッチング

<タイ南部>トラン県 チャオマイ国立海洋公園 Chao Mai National Park

タイ周辺の海域には、希少生物が数多く生息しています。アマンダン海に面した長い海岸線をもつトラン県のなかでもチャオマイ国立海洋公園は、ひときわ美しいエメラルドグリーンの自然美を観ることができるネイチャースポット。人魚伝説のモデルともいえるジュゴンをウォッチングできるエリアとしても有名です。

ロッククライミング

<タイ南部>クラビ県 ライレイビーチ Railay Beach

そびえたつ石灰岩の岩石に光り輝くビーチ、エメラルドブルーの海が広がるライレイビーチには、700を超すロッククライミング・ルートがあり、難易度はさまざま。初心者から上級者まで楽しむことができます。

◆参考サイト:Hot Rock Climbing School Railay Krabi(英語)
http://www.railayadventure.com/

ホームステイ

<タイ南部>パンガー県 ヤオノイ島 Ko Yao Noi community

20ほどの小さな所帯のヤオノイ島では、ツーリストが漁村の暮らしを体験することができるホームステイ・プログラムが充実しています。漁網の作り方や罠の仕掛け方、カニの獲り方などを学んだり、牡蠣やムール貝、ロブスターなど魚介類の養殖場を見学するといった内容で、民芸品の製作工程を観たり、シュノーケリングも楽しめます。このホームステイ・プログラムは1995年からスタートしており、1〜3泊程度を島にステイするメニューで欧米からも高い評価を得ています。ホームステイ中は飲酒や喫煙を控え、華美な服装をしないよう心がけましょう。

◆参考サイト:homestaythai(英語)
http://www.homestaythai.org

タイ南部

amazingTHAILAND
map 北部 東北部 中央部 東部 南部

地域から探す

タイで見つけるたしかなエコ タイのグリーンツーリズム

5つの地域別の情報と アクティビティ別から グリーンツーリズムを 見つけてください

グリーンリーフ財団

グリーンリーフ財団とは、タイ観光業の持続的な発展と美しい地球を後世に受け継いでいくことを目的に設立された組織団体で、ホテルの環境品質管理をつかさどります。
管理効率を高めるために、査察チームによる各ホテルの監査システムを導入し、五つ葉のグリーンリーフ認証を行っています。
認証されたグリーンリーフホテルの一覧は、財団のホームページをご覧ください。