タイの天気について

Weather
photo

旅行前には現地の天気が気になりますよね。タイを旅行する前に、タイの気候と行き先の天気予報に合わせて服装や日差し・熱中症対策などをあらかじめ日本で準備して行けば、タイ旅行をスムーズに思う存分楽しめます。

天気予報

タイ各地の天気予報は下記の通りです。下記に表記されていない行き先の天気に関してははこちらのページで都市名を検索してください。Forecast7.com

※出典:Forecast7.com ご渡航の際、現地の状況に従って適切な行為をご行動ください。

バンコク天気
チェンマイ天気
アユタヤ天気

プーケット天気
クラビ天気
パタヤ 天気


気候

タイは熱帯モンスーン気候です。年間の平均気温は約29℃で、高温多湿で蒸し暑く、日本の真夏の気候と考えて良いでしょう。季節は主に3つに分けられます。

乾期(11月~3月)
毎日爽やかな青天が続き、雨がほとんど降らない季節。他の季節に比べて気温は低く、一年で最も快適な旅ができる季節です。尚、北部の山岳地域では深夜や早朝には0℃の近くまで気温が下がることもあり、登山やキャンピングの際は充分温かい服をご持参ください。

暑期(4月~5月)
タイの旧正月であるソンクラーン(水かけ祭り)が行われる暑期は日差しが強く連日蒸し暑さが続き、一年で最も暑い季節。暑期の中でも最も暑いのは4月となり、近年では気温が40℃を超える地域も多数あります。雨量は少ないですが、スコールが降ることもあります。暑期にタイ旅行へ行く際は、日差しと熱中症対策を充分に心がけて下さい。

雨期(6月~10月)
一年で最も雨が降る季節。日本の梅雨のように一日中雨が降り続くことは少なく、毎日1~2時間程度の激しいスコールが降ります。暑い日が続きますが、雨の後は涼しくなります。

年間のバンコクの気温と降水量

※出典:NOAA via Google –https://www.ncdc.noaa.gov/

タイ旅行におすすめ服装

一年を通して日差しが強く、高温多湿の気候なため、タイ旅行におすすめの服装は通気性がよい素材のものです。ただし、チェンマイなどの山岳部では、朝晩冷え込むこともあります。また、デパートやホテル、レストランでは、エアコンが効きすぎているところもありますので羽織るものが一枚あると良いでしょう。雨期(グリーン・シーズン)には突然のスコールがあるので、折りたたみ傘やレインコートがあると便利です。また、乾季には朝晩が冷えることもあります。薄手の防寒着を持参することをおすすめします。

イラスト: Kaai Tomi

宗教と王室への敬意

敬虔な仏教国であるタイでは、寺院は神聖なる信仰の場所です。参拝するときは、節度ある服装を心がけてください。ワット・プラケオ、王宮や一部寺院ではタンクトップ、ホットパンツなど極端に肌を露出した服装やかかとの無いサンダルでは入場できません。

ベストシーズン

タイ旅行のベストシーズンは雨の量が少なく気温が低めの「乾季」と一般的に知られていますが、タイのビーチリゾート地にはモンスーンの影響があるため、アンダマン海と東部のビーチリゾート地とタイ湾のビーチリゾート地ではそれぞれ旅行のベストシーズンが異なります。

比較的に雨の量が多い雨季又は「グリーンシーズン」には、一日中雨が降り続けることは少なく、スコールのように一日何回かに分かれて降ることが多いです。グリーンシーズンのタイ旅行の特典はツアー料金、エアチケット、高級ホテル及びビーチリゾートホテルの料金がリーズナブルとなり、ベストシーズンでは味わえないような贅沢な旅ができます。例えば、高級ビーチリゾートホテルのプール付きタイプのお部屋やプールヴィラで宿泊し、ホテルのヨガクラスやスパなどをリーズナブルに堪能することもできます。

 ・・雨量が多い時期  ・・雨量が少ない時期

場所 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
バンコク                        
チェンマイ                        
ウドーン                        
プーケット                        
クラビ                        
パタヤ                        
チャーン島                        
サムイ