バンコク

Bangkok
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

華やかな大都会の賑わいと、厳かな仏教文化が息づき、古今の歴史と文化が見事に調和した都市、バンコク。1782年、ラーマ1世によってこの地へ遷都されて以来、タイの政治・経済・教育・文化の中心であり続け、近年ではさらに「東南アジアのハブ」と称される先進的な国際都市へと成長を遂げました。しかしバンコクの魅力は、そのようななかにあっても、そこかしこに人々の暮らしの息づかいを感じられるところにあります。モダンな高層ビル群や巨大なショッピングモールの足元には、屋台での買い物や食事を楽しみ、道すがらの小さな祠に手を合わせる人々の姿が見られます。もちろん美しく荘厳な王宮や仏教寺院の数々が密集する旧市街のラッタナコーシン島でも、ひとたび路地へ足を踏み入れれば、昔ながらの静かで素朴な庶民の生活が広がっています。

バンコクの主要観光エリア

王宮周辺


王宮周辺は、チャオプラヤー川と運河に囲まれたラッタナコーシン島(コ・ラッタナコーシン)と呼ばれる旧市街で、バンコクの発祥の地。荘厳かつ華麗な王宮をはじめ、街のいたるところに由緒ある仏教寺院の黄金に輝く伽藍を見ることができます。国立博物館、大学、官庁、そして歴史的建造物などが集中していながらも、表通りから一歩入れば昔ながらの商店や屋台、民家が軒を連ね、人々の暮らしぶりやその活気がバンコクならではの風情をかもしだしています。

チャイナタウン


ラッタナコーシン島と呼ばれる旧市街の南東、サンペン通り、チャルーンクルン通り、ヤワラート通りを中心に、まさに下町といった賑わいを見せる、バンコクの中華街。バンコク誕生当初から中国系住民が代々暮らすこの街は、昼夜を問わない喧騒とノスタルジックな風情にあふれています。中国仏教寺院をはじめ、レストラン、金製品や食材、漢方薬、輸入高級果物、乾物などを扱う店舗などが並ぶ大通り沿いでは、さらにわずかな隙間を見つけては屋台での商いが営まれ、人々の活気ある暮らしの様子が見て取れます。願い事が叶うという寺院や祠をめぐって、迷路のような路地を散策するのも楽しい経験です。

シーロム通り周辺


チャイナタウンのさらに南東、シーロム通り周辺は、シーロム通り、スラウォン通り、サトーン通り、シープラヤー通りを中心とするバンコクのビジネス街。大小の企業がオフィスを構え、平日はサラリーマンやOLの姿が目立ちますが、もともとは欧米人の居留区としてつくられた歴史がある地域です。そのため、現在も教会などネオクラシカルな建築物のほか、高級ホテルやレストラン、ショッピングモール、マッサージ・スパなどが点在。スタイリッシュなバンコクを優雅に楽しむことができます。

サイアム・ラーチャダムリ周辺


旧市街ラッタナコーシン島の東方約5キロメートル、サイアム・スクエアからラーチャダムリ通り周辺にかけては、小さなお土産から最新の高級ブランド品まであらゆるものが揃うバンコク最大のトレンディなショッピングエリア。日本人好みのセレクトが光る老舗百貨店、オリジナル雑貨店、近年では若い人たちに支持されているタイ発のデザイナーズブランドのお店などが混在し、ファッションに敏感な若者たちや観光客などで一年中あふれています。また、周辺には有名観光スポットも点在しています。

スクンビット周辺


閑静な高級住宅街としてバンコクの東に発展したスクンビット。日本人をはじめとした外国人駐在員やその家族が暮らす高級アパートメントなどが建ち並び、そのため病院やスーパーマーケット、語学学校など外国人が快適に生活を送れる環境が整った場所です。高級ホテルからおしゃれなデザイナーズ・ホテル、各国料理のレストランはもちろん、近年では若者が集まるカジュアルなカフェレストランやスイーツのお店、ブティック、雑貨屋なども続々とオープン。サイアムやラーチャダムリにも劣らないほど、最新流行発信地の地位を確立させています。

基本情報

位置

日本から直行便で約5時間〜5時間30分

隣接する県

ナコーンパトムアユタヤサムットソンクラームスパンブリーカンチャナブリー

旅の季節

年間を通じて楽しむことができます。

祭り・行事

官公庁や歴史的建造物などが建ち並ぶ旧市街のラッタナコーシン島を中心に、バンコク中の大通りがイルミネーションで飾られて賑わうプミポン国王誕生祭(12月5日とその前後数日)、爆竹の音が響き渡るなか獅子舞やパレードなどが街なかを練り歩くチャイナタウンの春節祭(例年1月下旬〜2月中旬)など、バンコクは年間を通じてさまざまな催しが行われ、常に活気があふれています。

ショッピング

6月1日〜8月31日までの期間は、主なデパートメントストアやショッピングモールで商品が10%から最大で70%オフになります。

行き方

日本からのフライトをご覧下さい。

県内・市内の交通

バンコク市内の交通をご覧下さい。

主要連絡先

ツーリストポリス・センター

1155

イミグレーション(入国管理局)

02-287-3101, 02-287-3102, 02-287-3103, 02-287-3104, 02-287-3105, 02-287-3106, 02-287-3107, 02-287-3108, 02-287-3109, 02-287-3110

在タイ日本国大使館領事部

02-207-8500, 02-696-3000(代表)

サミティウェート病院

02-392-0011

バムルンラート病院

02-667-1000

バンコク病院

02-318-0066

ピヤウェート病院

02-641-4499

ラーマ9世病院

02-248-8020




都にして「東南アジアのハブ」と称されるバンコク
華やかな大都会のにぎわいと、厳かな仏教文化が息づき、古今の歴史と文化が見事に調和している魅惑な都市
詳細を見る

この記事のタグ

特集:とっておきのタイ情報

知って得する!タイ土産とっておき情報 vol.2タイのスーパーマーケットでお土産探し
タイを代表する祭り③イサーン地方のアーティスティックなお祭り「キャンドル・フェスティバル」
バンコク旅行中に訪れてみたい!グルメなタイ人に支持されるタイ料理レストラン5軒
美容大国タイへ行こう! カラダも心も喜ぶ!綺麗になるバンコク女子旅

タイを訪れる前に

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチで遊ぶ

    ビーチで遊ぶ

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す