マリンスポーツ

Marine Sports
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

マレー半島をはさんで西はアンダマン海、東はタイ湾に面し、約1600キロメートル以上におよぶ長大な海岸線を有しているタイ。その南部を中心に点在する美しいビーチやリゾートの数々は、世界中の旅行者を魅了し続けています。透明度の高いエメラルドグリーンの海、南国の太陽を浴びて輝く砂浜、そして色あざやかな熱帯の魚たちが、スキューバ・ダイビングやシュノーケリングを忘れられない体験にしてくれるでしょう。他にもタイのビーチでは、小回りのきくボートやヨットで島めぐりを楽しむアイランド・ホッピングやシーカヌー、海の上を疾走するバナナボート、空の上から海の景観を楽しむパラセーリングなど、家族で安心して楽しむことのできるアクティビティが充実しています。また、サーフィンも大会が開催されるなどサーファーの間で注目されています。

世界中のダイバーたちが目指す海[スキューバ・ダイビング]

色とりどりのソフトコーラルが織りなす華やかな水中景観、群れになって泳ぎ回る魚たちを間近に感じるには、やはりスキューバ・ダイビングがいちばんです。タイの海にはジンベエザメやマンタといった「大物」との遭遇率が高いシミラン諸島(アンダマン海)、タオ島のチュンポンピナクル(タイ湾)など、世界的なダイビング・スポットが多数点在し、ビギナーからエキスパートまでその美しさを堪能することができます。日本人スタッフが常駐しているショップも多いので、ツアーの申し込みも安心。また、ライセンス取得のための講習も、日本と比べて格安です。

マングローブの原生林を分け入って[シーカヌー/シーカヤック]

自らパドルを漕いで進むシーカヌー/シーカヤックは、タイの海と大自然を満喫できるおすすめのアドベンチャー体験。クラビでは、マングローブの生い茂る原生林を抜け、コースには洞窟で先史時代の壁画を見学できたり、パンガー湾は干潮時にだけ現れるラグーンをめざすツアーがあります。ほかにもトランのムック島やリボン島など、さまざまな場所でシーカヌー/シーカヤックならではのダイナミックなアドベンチャーツアーを楽しむことができます。

プーケットで波乗りに挑戦[サーフィン]

タイでは6月から10月にかけての「グリーンシーズン」が波も高く、サーフィンに適した季節です。プーケットのカタ・ビーチは世界的なサーフブランドによるコンテストが毎年開催されるなど、知る人ぞ知る注目のサーフスポット。波は厚めでメローなファンウェーブ中心なので、混雑することも少なくビギナーも挑戦することが可能です。また、ボードのレンタルやスクールなども充実。アンダマン海に沈みゆく美しい夕日を眺めながら、世界各国から集まるサーファー達との語らいや、波乗りを楽しむことができます。

アンダーウォーターの世界を気軽に体験[シュノーケリング]

ウエットスーツやライセンスの必要もなく、マスクとシュノーケルだけでアンダーウォーターの世界が体験できるシュノーケリング。ビーチからすぐそばの珊瑚礁で気軽に楽しめるプーケットのコーラル島をはじめ、地形や生い茂るソフトコーラルが美しいトランのムック島やチュアック島など、タイにある数多くのビーチや島で、一年中楽しむことができるアクティビティです。プーケットやパタヤ、サムイ島などからは、スピードボートで行くシュノーケリングのツアーが多数出ており、透明度の高い海で、色とりどりの珊瑚や熱帯魚との出会いを思う存分に堪能することができます。

豊かなタイの海で豪快に楽しむ[フィッシング]

日本であまりお目にかかることができない魚を釣ることができるタイの海。プライベート・ボートをチャーターしてフィッシングを楽しむなら、パタヤやプーケットを拠点とするのがおすすめです。トローリングではカジキマグロやカツオなど、1メートルを超える大物回遊魚を狙うことも可能。毎年11月には、プーケットでインターナショナル・スポーツ・フィッシング・トーナメントが開催され、観光客だけでなく地元のアングラーも集って腕を競います。釣った魚をその場で調理して食べることができるツアーなどもあります。

アンダマン海を眼下に一望できる岩登り[ロック・クライミング]

山のイメージが強いロック・クライミングですが、タイでは海沿いの崖などにクライミングに適したスポットが多数あります。クラビのライレイは、その切り立った石灰岩の巨大な岩壁が世界的なクライミングの聖地として知られており、さまざまな難易度で250本ものルートが設定されていて、インストラクターの指導を受けながら初心者でも楽しむことができます。登りきった岩壁から一望するアンダマン海の美しさは格別。腕に自信のあるクライマーなら沖合の岩礁で豪快なディープウォーターソロにも挑戦できます。タイ湾側でも、サムイ島やタオ島などにリードやボルダリングのスポットがあり、シューズのレンタルはもちろん、初心者向けの講習なども行われています。

旅の季節

主に熱帯モンスーン気候に属しており、一年は乾期と雨期にわけられます。アンダマン海とタイ湾は距離的にはそれほど離れていませんが、季節風の影響によって互いにシーズンがずれるため、いずれかの海で年間を通じて楽しむことができます。

アンダマン海側

11月〜5月までがベストシーズンですが、プーケット近郊では季節風の影響を受けにくいポイントもあり、通年ダイビングが可能です。

タイ湾側

2月上旬から10月下旬までがベストシーズンとなっています。

特集:とっておきのタイ情報

知って得する!タイ土産とっておき情報 vol.2タイのスーパーマーケットでお土産探し
タイを代表する祭り③イサーン地方のアーティスティックなお祭り「キャンドル・フェスティバル」
バンコク旅行中に訪れてみたい!グルメなタイ人に支持されるタイ料理レストラン5軒
美容大国タイへ行こう! カラダも心も喜ぶ!綺麗になるバンコク女子旅

タイを訪れる前に

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチで遊ぶ

    ビーチで遊ぶ

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す