ヒンムアン

Hin Muang
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ヒンデーンの隣、約300m離れた場所にあるヒンムアンは紫のソフトコーラルが多くついている事からヒン(岩)、ムアン(紫)と呼ばれています。ヒンデーンが水上に顔を出しているのに対してヒンムアンは隠れ根となっており、水深約3mから水底は約50m、長さが約200mと一回のダイビングでは回りきれないほど巨大なダイビングポイントです。ジンベエザメやマンタなど大物の出現率も高いうえ、マクロ生物も豊富。リチェリューロックと並ぶタイを代表するポイントです。

基本情報

名称 ヒンムアン
名称(英) Hin Muang
アクセス プーケットからクルーズ、ピピ島からデイトリップ、クラビからデイトリップ
ダイビング レベル:中級〜上級、水深:3m〜50m、流れ:あり、透明度:25m、みどころ:地形、大物、回遊魚、マグロなど

この記事のタグ