ラグジュアリー

Luxury
photo

近年、“ラグジュアリーな旅”を求めてタイを訪れる旅行者が増えています。美しい自然に恵まれた風土、“微笑みの国”と称される高いホスピタリティー、そして成長著しいエキサイティングな街々。ラグジュアリーな旅の目的は、バカンスやビジネス、インセンティブツアーなど様々ですが、それぞれのニーズに合ったハイエンドな旅を満喫することができます。
極上の移動手段や、最高級のホテルやゴルフ場、さらに滞在中に体調を崩した際にも世界レベルの対応でサポートする医療施設の情報までご紹介します。

くつろぎのフライトでスワンナプーム国際空港へ

ホスピタリティあふれる機内サービスと約6時間のフライト。
世界ナンバーワンのラウンジを堪能

JAL ビジネスクラスANA ビジネスクラス
タイ国際航空のロイヤルファーストクラスタイ国際航空のロイヤルファーストクラス
極上の空の時間を愉しみながら、タイへ向かいましょう。タイ国際航空のロイヤルファーストクラス、JAL、ANAのビジネスクラスの直行便が用意されています。心もからだも癒されるフルフラットシート、各エアラインが腕を競う機内食を満喫しているうちに、あっという間にバンコク・スワンナプーム国際空港に到着です。
スワンナプーム国際空港は、旅客ターミナルビルとしては世界一の広さを誇ります。
さらにそのラウンジは、英国の調査会社にて、三度もファーストクラス・ラウンジ部門で1位となったサービスが用意されています。ロイヤルオーキッドスパ・ラウンジでは、ハーバルオイルを用いた全身マッサージのサービスを提供。プレミアムな体験が味わえます。

 

タイ着。プライベートジェットの愉悦

タイ選りすぐりの5つ星プライベートジェット航空会社なら次なる目的地まで、ストレスフリーの移動を可能にします。

タイ北部で大自然を感じながらエレファントトレッキングをしたり、南部のエキゾチックなビーチリゾートでゆったりとした時間を過ごしたりと、タイの魅力を思う存分満喫してください。そのときはぜひ、プライベートジェットのチャーターを。タイは東南アジアの最高レベルのプライベートジェット航空会社が揃っています。
優雅で気ままな旅を叶えてくれる5つ星の航空会社のリストから、あなた好みのサービスを選んでみてください。

Mjets [エムジェッツ]
タイのプライベート航空をリードする専門会社。タイにおける最高クラスのラグジュアリーなフライトを提供しています。2007年に設立され、ドンムアン空港にプライベートジェットのターミナルをもつ国内最初で唯一の会社でもあります。ガルフストリームとセスナからなる素晴らしい航空機を操業しており、オリジナルな客室とアメニティを誇っています。
http://www.mjets.com/

Siam Land Flying [サイアムランドフライング]
タイのエグゼクティブな空の旅に関して、20年以上にわたり、トップの座に君臨する航空会社。サイアムランドフライング社のホーカーやキングエアーといった航空機は、顧客に対して最先端のデザイン、パフォーマンス、技術だけでなく最高の快適さを提供しています。また、医者のチームを24時間待機させ、緊急の医療サービスに対応しているのも特徴です。
http://www.aircharterthailand.com

OrientSKYs [オリエントスカイズ]
バンコクを拠点にした独立系の航空会社。アメリカ、ヨーロッパ、中国の富裕層に人気です。「顧客に合う最も完全なチャーター」を目指し、バンコク、上海、そして東京にも拠点を持ちます。Global Jet Salesとの提携を通じて、プライベートジェットの販売の仲介も行っており、プライベートジェットを借りるのでなく、購入したいと思ったとき、選択肢になりうる航空会社です。
http://www.orientskys.com/

Stratos Jet Charters [ストラトスジェットチャーターズ]
国際線と国内線の拠点を持っていることから、世界中にプライベートジェットを飛ばすことができ、グローバルにアクセスできるのが魅力です。フライト中のケータリングはもちろん、ホテルの手配から地上での移動にはお抱え運転手まで手配ができ、わがままかつ豪華な旅を約束してくれます。
https://www.stratosjets.com/jet-charter-flights/bangkok-thailand/

Advance Aviation [アドヴァンスアヴイエイション]
アドヴァンスアヴィエイションは、タイのVIPヘリコプターのチャーターサービスの最大手。プライベートジェットのチャーターも行っており、ガルフストリームのG-200や、一流のEC-135とEC-130ヘリコプターを有しています。タイ国内ではバンコク、チェンマイ、プーケットの3カ所に拠点があり、ヘリでの移動を愉しみたい方は活用してみてはどうでしょう。
https://www.advanceaviation.co.th/


ありとあらゆる要望に応えるコンシェルジュサービス

ラグジュアリーな旅に心配は不要です。
すべてはタイランド・エリートと呼ばれるコンシェルジュに任せればいいのです。

タイ有数のコンシェルジュ会社が、洗練された顧客である、あなたの要望に応えます。高級コンシェルジュサービス「タイランド・エリート」は、入国をお手伝いするだけでなく、高級なサービスに対応、会員の方々が滞在を延長し居住することまで可能にします。タイランド・エリートとは、外国人のビジターと国外在住の方対象の国際的な会員制クラブで、タイに到着したその日から特別なサービスを受けることができます。入国の際の特別対応はもちろん、ゴルフクラブやスパ、その他の高級施設へ足を運べる特典付きのプログラムです。

「最高級のエンタテイメントが観たい」、「タイの王室や富裕層しか入れないような高級ゴルフコースをまわりたい」、「タイ特有のメディカルツーリズムを体験したい」など。ありとあらゆる、あなたの思いつきや急な要望に、タイランド・エリートが応えます。

すべては、忘れられない体験のために

タイランド・エリートの会員は、到着時に専属のアシスタントが飛行機のドアまで迎えにきてくれます。高級ラウンジに誘導され、入国書類を記入、時間を無駄にすることなくスムーズに入国できます。そして、ホテルや住居までリムジンサービスが待っています。同様のサービスは出国時にも適応。さらに、法律で定められた手続きの必要もなく、滞在を毎年延長することができます。

タイランド・エリートは365日24時間、サポートセンターが対応します。もちろん日本語でのコミュニケーションも可能です。高級ゴルフクラブとスパの使用、年1回の健康診断の他、ホテルやレストラン、ショッピングモールといった提携先から免税の特典も受けることができます。

タイランドエリート インフォメーションセンター
https://www.thailandelite.info/

アークライフ
https://thailandelite-card.com/

 

一度は泊まってみたい リゾートホテル&ヴィラ


バンコク、タイ北部、南部にある高級リゾート、ヴィラをご紹介。伝統、個性、どのホテルを拠点にするかは、あなた次第。

 

安らぎに満ちた癒しのスパ


微笑みの国・タイは世界最高レベルのヘルス・リトリートがある場所として知られています。デトックス、ヨガ、オーガニックフードなどのサービスを受け、からだと心を解放させましょう。

 

美食家たちを唸らす、アジアNo.1レストラン


「アジアベストレストラン50」で1位となった「Nahm」「Gaggan」のみならず、タイには世界各国の料理評論家、シェフ、レストランオーナーが注目するレストランが集まります。

宮廷料理とタイ伝統舞踊を堪能


フランス料理と同じく、オードブルからデザートまでのメニュー構成。 宮廷料理の大きな特徴がカービング。果物や野菜などを彫刻する。カービングを体験できる施設もあるので、 興味ある方はコンシェルジュに一声かけてみては。


日本では味わえない遊びを体験

アクティビティ Activity

忙しい日常を忘れ、非日常へとしばしの逃避です。
バンコクの人気スポットやタイ北部の山岳地帯、南部の島々にある手つかずの自然に触れてください。

バンコクの花のアート探求お抱え運転手を手配し、シャンペンを備えたジャガーXJで向かうのは、オールドタウンのDusitエリア。国際的に有名なタイのフローラルアーティストSakul Intakulの新構想である花の文化博物館は、世界で唯一の花輪作りが受講できます。

Bangkok Limousine Service:https://www.firstclassbangkok.com/

エコツーリズムタイ北部には、ドイ・インタノン国立公園、ドイ・ルアンチェンダオ国立公園など、緑豊かなトレッキングエリアが豊富にあります。日帰りコース、1泊~数泊コースまで、様々なツアーが用意されています。雄大な自然の中を歩くエコツアーが人気です。

エレファント・トレッキング山に分け入ったり、川を渡りながら大自然と戯れる1日ツアーが人気です。日本語の通じる現地旅行会社としては、パタラ・エレファントファームがあります。

パタラ・エレファントファーム:http://www.pataraelephantfarm.com/

チェンマイの熱気球早朝1時間ほどの小旅行で、朝日とチェンマイの山々と木々の緑を愉しんでください。

Balloon Adventure Thailand:http://www.balloonadventurethailand.com/index/

エンターテイメント Entertainment

タイらしさを十二分に感じられることのできるタイ古典舞踊、ムエタイを観に、街へ繰り出しましょう。

タイ古典舞踊きらびやかなタイシルクの衣装と、美しい手指の動きで演じられるタイ古典舞踊は、もともとは宮廷の舞踊として、スコータイ王朝やアユタヤ王朝の時代から伝承されてきたものです。バンコク市内であれば、国立劇場で鑑賞することができます。

ムエタイを観るタイの国技・ムエタイ(Muay=格闘技、Thai=タイ)は、激しいパンチ、肘打ち、キック、芸術的なファイントなどを取り入れた格闘技です。今日でも人気のあるスポーツの1つであり、タイの歴史を織り込んだ長い歴史をもつ伝統的なスポーツです。バンコク市内であれば、国立劇場で鑑賞することができます。

ナイトライフ After Dark


陽が落ちてからの遊びで最もおすすめしたいのは「ルーフトップバー」。開放感あふれる空間で極上の夜景を見ながら、食事とお酒を楽しめる絶好のスポットです。

 

ショッピングの楽園「バンコク」


世界的なハイブランドからタイ王室・セレブ御用達のオンリーワンの逸品まで。バンコク・サイアム駅周辺のショッピングモールを歩けば、あらゆるものを手に入れることができます。

 

クルーズ&島巡り

美しく静かな海を航海しながら、絵はがきのように美しい島々へ。

特別な思い出をつくるためにプライベートヨットやクルーザーをチャーターし、クルージングを愉しむ。船にはあなたの希望に応えた各種オプションがあり、イタリアのAZIMUT Benetti Groupの最新のヨット「アジムット・ヨット・タイランド」に試乗できる施設もあります。
タイ湾やアマンダマン海など、微笑みの国を知るには、海の旅は不可欠です。ドラマティックな海岸線と無数の楽園の島々を最高のラグジュアリー環境のなか、探検してはいかがでしょうか。



 

プーケット Phuket

プーケットは、タイ南部のアンダマン海に面するタイ最大の島。ヨットレース「プーケット・キング・カップ・レガッタ」もあり、世界中のヨットマンから愛される島でもあります。12月の第1週から第2週にかけて開催される「レガッタ」の開催期間は、島全体がパーティーのような雰囲気に包まれます。また、プーケットは一流の顧客向けに「プーケット国際ボートショー」も主催し、高級ヨットの商談がマリーナで行われています。成田からの直行便も出ており、バンコクからは約1時間20分、チェンマイから約2時間で到着できます。

 

サムイ島 Koh Samui

サムイ島は、タイ観光においてトップクラスの人気を誇るビーチリゾート。タイの南海岸にある楽園です。バンコクから約80分のフライトで到着できます。
白い砂浜とココナッツ林に囲まれていることから、「ココナッツアイランド」とも呼ばれ、波音と風で揺れるヤシの葉の音を聞きながら、贅沢でのんびりした時間を過ごしてもらいたい場所。もちろん、ラグジュアリーなスーパーヨットのチャーターが可能。アントン国立海洋公園の群島と、Sleeping Cow島からThree Pillars島までの特徴的な海岸を航行するのをお忘れなく。

 

スリン&シミラン Surin&Similan

スリン・シミラン諸島は、世界有数のダイビングスポットです。プーケットの北西にある9つの島々は美しいサンゴ礁と海面下の大変多くの種類の魚を誇っています。クルージングスポットとしてもプレミアな体験を約束できる場所となっています。クルーザーの錨をおろして、海面下の世界にダイブする「至極の冒険」を。

 

パンガー湾 Phang Nga Bay

hang-Nga Bayプーケットとタイ本土の西海岸に位置するパンガー湾には、微笑みの国で恐らく一番美しい島々が並びます。パナック島からピンカン島へと続く200メートルの長さの洞窟から、何年も前にジェームズ・ボンドの映画『黄金銃を持つ男』が撮影された島まで、クルージングしながら発見したくなる島々が、そこかしこにあります。スーパーヨットをチャーターし出航。未知の領域を感じてください。

 

クラビ Krabi

タイ南部にあり、バンコクから約1時間20分で訪れることのできる、クラビ。ピピ島やランタ島やカイ島といった、美しい130以上の島々が点在していることもあり、これらをスーパーヨットでめぐる「アイランド・ホッピング」を愉しんでもらいたいところです。高級マリーナ「クラビ・ボート・ラグーン」では、ヨットやクルーザーをチャーターでき、気軽にラグジュアリー・クルージングが愉しめます。

 

ピピ島 Koh Phi Phi

ピピ諸島周辺はサンゴ礁に囲まれ、椰子の木に覆われたラグーンが見ものです。ピピ諸島は、ピピドンとピピレなど6つの島からなり、定期船でプーケットから2~2時間半、クラビから約90分でたどり着くことができます。タイでも有数なダイビングスポットであり、世界中のダイバーがエメラルドグリーンの海を求めて集まってきます。目を見張るような絶景を見ながら、無人島の島々を探検してみてください。

 

リぺ島 Koh Lipe

タイ最南端に位置するリぺ島があるブタン群島は、リぺ島を含む51の島々からなり、とても神秘的な場所です。チャーン島同様、穴場リゾートに数えられています。
リぺ島からクルージングを行えば、熱帯雨林と葉に覆われた無人の島々を通り過ぎ、文明から脱出するかのような経験ができます。また、クリスタルブルーの海では、キングフィッシュやレッドスナッパーなどフィッシングの絶好のスポットです。

 

ホアヒン Hua Hin

バンコクから南西に約200キロ、タイ湾を挟んでパタヤの対岸に位置するのがホアヒン。タイ王室御用達の格調高いリゾートして名を馳せます。世界中の富裕層が、タイ最古のゴルフコース「ロイヤル・ホアヒン」や大自然でのトレッキング、渓流での川下りといったダイナミックなアクティビティ、新鮮なシーフード料理などを求めてやってきます。ホアヒン・ビーチでは、エンジン音のするマリンスポーツが禁止されているため、ゆったりと落ち着いた時間を過ごすこともできます。

 

パタヤ Pattaya

バンコクから南東へ約160キロメートル。車を約2時間走らせれば訪れることのできるビーチリゾートです。ダイビングなどのアクティビティを愉しむだけでなく、「オーシャン・マリーン・パタヤ・ボートショー」に足を運んでみてください。無料の食事と最新の産業テクノロジーのデモンストレーションがあり、ラグジュアリーなヨット生活を垣間見ることができます。「私だけのスーパーヨット」への欲望を駆り立ててくれることでしょう。

 

チャーン島 Koh Chang

チャーン島は、プーケットに次いでタイで2番目に大きな島。タイ最後の秘境と呼ばれる島だけに、観光客向けのエリアから逃げ出したい人にはうってつけのリゾートです。サムイ島やプーケットとは違って、他のボートを見ることなく美しい海を独り占めしたかのようなヨット遊びができます。ホワイトサンドビーチ、クロンプラオビーチなど、チャン群島には発見すべきスポットが多数あり。バンコクからはバンコクエアウェイズで1日3便運航中。プライベートジェットを活用したいところです。


 

世界中のゴルファーを魅了するコース


世界には素晴らしいゴルフコースが数多ありますが、タイのゴルフコースは気候、風土、そしてフレンドリーなサービスにより、スペイン、アメリカに続き、世界で3番目に人気です。毎年70万人以上のゴルファーが、ゴルフツーリズムを目的に世界から集まり、世界のどこよりも高いリピート率を誇ります。

 

病気になった時は?

世界レベルでの医療水準の高さ、日本語サービスの充実は、タイでの滞在をおすすめする理由のひとつです。

バンコクの医療事情は東南アジアで最高レベルと言われています。外国人向けの私立病院は、24時間、365日診療可能で、医療設備も最先端のものを導入、日本人カスタマーサービスを行っている病院もあります。

1972年に創立した、「バンコク病院グループ」は東南アジア最大級の私立病院です。院内には日本人専門のジャパン・メディカルサービス(JMS)という、日本の医大を卒業したタイ医師チームによる医療サービスがあり、さまざまな相談をすることが可能です。また「バムルンラードインターナショナル」は、2002年にJCI 国際病院認定をアジアで初めて取得。タイ国内外190カ国から年間で100万人以上の来院者が利用しています。

スクンビットにある「サミティベート病院」は、国際水準の医療の提供はもちろん、高いレベルのカスタマーサービスも提供しています。年間14万人の日本人利用者がいます。どの病院も、病気時の診療だけでなく、健康診断やワクチン接種などでも相談ができるため、不慣れな海外での滞在でも心強い存在です。
 

特集:とっておきのタイ情報

タイ旅行いつから行ける?そろそろ次のタイ旅行を準備しよう②【タイへさきたび】タイのビーチリゾート
タイ旅行いつから行ける?そろそろ次のタイ旅行を準備しよう①【タイへさきたび】チェンマイ・ロイクラトン祭り
バンコクはルーフトップバー天国シリーズ第一弾アクセス抜群!BTSシーロム線沿いのルーフトップバー3選
女子旅におススメの最新スポットをご紹介次に旅するなら、プーケットでしょ!〜 アクティビティ&観光編〜

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す