ボン島

Ko Bon
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

マンタ出現率ナンバーワンの大物ポイントです。特に1月以降に頻繁に現れることが多く、時には5枚、6枚のマンタが同時に舞い踊る姿も確認できます。マンタは大きいもので体長約5m、畳4畳半ほどの大きさで非常に迫力があり、その姿をひと目見ようと連日ダイバーでにぎわっています。島の周りのポイントのうちウエストリッジでの出現率が1番高く、潮の当たる水中の尾根の上で捕食やクリーニングを繰り返します。他にもレオパードシャークやアケボノハゼなどがおり、マンタが出ないときでも楽しむことが出来ます。

基本情報

名称 ボン島
名称(英) Ko Bon
アクセス カオラックからデイトリップ、クルーズ、プーケットからクルーズ
ダイビング レベル:初級〜上級、 水深:0m〜30m、流れ:あり、 透明度:20m、 みどころ:地形、大物、回遊魚、マグロなど
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ