ヒンデーン

Hin Daeng
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

トランの沖合い、外洋の真っ只中にあるヒンデーンはヒンムアンと隣接する水面に1mほど顔を出した岩です。拠点となるエリアから距離があるのでなかなか潜る機会は少ないですが、二つの岩をあわせるとリチェリューロックと並んでタイを代表するポイントと言われています。タイ語でヒンデーンは赤い岩。その名のごとく岩の浅いところを赤いイソギンチャクに覆われています。グレイリーフシャークやレオパードシャークは常連で、時にはマンタも現れます。南部へ行く機会がある方には是非お勧めしたいポイントです。

基本情報

名称 ヒンデーン
名称(英) Hin Daeng
アクセス プーケットからクルーズ、ピピ島からデイトリップ、クラビからデイトリップ
ダイビング レベル:中級〜上級、水深:0m〜40m、流れ:あり、透明度:25m、みどころ:地形、大物、回遊魚、サンゴ、マグロなど
地図Googleマップで確認する

キーワード