ピマ-イ歴史公園

Prasat Hin Phimai
この記事のタグ
photo

タイの東北部で最も有名な寺院で、数あるクメール遺跡の中でも珍しいアンコールワット様式のものです。いつ誰が何のために建てたのかは定かではありませんが、アンコールワット完成以前に建てられたという説もあります。ナコンラチャシマ(コラート)の北東59Kmに位置し、昔はクメール帝国の首都アンコールまで一直線に道が通じていたことからも、ここがクメールの宗教的・行政的名中心地であったことがわかります。4つの池を持つ広い中庭、屋根には花びらのような彫刻装飾が何層にもわたって施され、これは他のクメール寺院ではほとんど見られない独特のものです。

基本情報

名称 ピマ-イ歴史公園
名称(英) Prasat Hin Phimai
営業時間 毎日7:00~18:00
料金 100B
住所 Phimai Historical Park Nai Muang Phimai Nakhon Ratchasima
アクセス ナコンラチャシマのバスターミナル2から1305番ローカルバス(エアコンなし)が30分おきに運行。市街から約60km、所要時間約1時間、料金35B。
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ