ピッサヌローク

Phitsanulok
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ピッサヌロークには、タイで最も美しいといわれる仏像があるワット・プラ・シー・ラッタナー・マハタートや雄大な自然とさまざまな史跡が残るタイの歴史を語る上でも非常に重要な都市です。古い寺院や史跡から、4,000年前にタイのこの場所で古代コミュニティが存在していた証拠を見ることができます。また、ピッサヌロークはスコータイ王朝(西暦1238-1378年)とアユタヤ王朝(西暦1350-1767年)の2つの異なる王朝時代を通して繁栄した地であり、1584年にアユタヤのビルマからの独立を宣言した伝説の王「ナレスワン大王」の誕生の地でもあります。遺跡や歴史に興味のある旅行者はもちろん、雄大な北部や北東部の自然を探検したい旅行者にとっても理想的な拠点になります。

キーワード

ピッサヌローク県 พิษณุโลก