• 2022/05/19
    【旅行業関係者向け】アメージングタイランド・アップデートセミナー同録
  • 2022/05/18
    【テレビ】NHKの音楽番組『SONGS OF TOKYO』にSTAMPさん出演
  • 2022/05/18
    【ブログ】「地球の歩き方」タイ編集者のタイレポート
  • 2022/05/18
    【楽天トラベル】地球に優しく極上ステイ!タイのおすすめエコリゾート6選
  • 2022/05/17
    【雑誌】4/20発売『PAVONE(パボーネ) vol.62』にてバンコクの最新情報を紹介
  • 2022/05/17
    【雑誌】4/28発売『航空旅行 vol.41』にてバンコクの最新情報を紹介

アジアティーク・ザ・リバー・フロント

ASIATIQUE THE RIVERFRONT
アジアティーク・ザ・リバー・フロント
  • アジアティーク・ザ・リバー・フロント
  • アジアティーク・ザ・リバー・フロント
  • アジアティーク・ザ・リバー・フロント
  • アジアティーク・ザ・リバー・フロント
  • アジアティーク・ザ・リバー・フロント
  • アジアティーク・ザ・リバー・フロント
  • アジアティーク・ザ・リバー・フロント
  • アジアティーク・ザ・リバー・フロント
  • アジアティーク・ザ・リバー・フロント
  • アジアティーク・ザ・リバー・フロント

19世紀後半、シャム王国(タイ王国の旧名称)はデンマークとの友好条約締結後、ここアジアティークは、当時のハンス・ニール・アンデンセンを社長とするイースト・アジアティーク社がチーク材を海外に送り出すための最初の船着き場となった場所です。またそれは友好条約後、シャム王国が独立国家としての貿易の始まりでもありました。
アジアティークは、このような歴史的背景を尊重し、イースト・アジアティーク社の建物を修復・復元し、当時の栄華を蘇らせることを目的とするASIATIQUE THE REVEFRONT計画のもとに開発されました。
その広さは東京ドーム約2.5個分の広さで4つの地区に分かれ、広大な敷地内には、総数約1,500もの店舗とレストラン約40店舗があります。

<チャルンクルン地区>
土産物、装飾品、アクセサリーなど約1,000店舗が並び、2012年には市内よりキャバレーシアターショー“Calypso”(カリプソ)やタイの浄瑠璃劇場“ジョー・ルイス・シアター”も移転。ショッピングやお食事だけでなく、エンターテイメント施設も充実しています。

<タウン・スクエア地区>
東洋と西洋スタイルのレストランやビヤホール、イベント広場からなるエリア

<ファクトリー地区>
かつての木材工場を修復した巨大な建物の中に、500店舗からなるファッション・エリア

<ウォーターフロント地区>
チャオプラヤー川沿いに面したこのエリアは、ワインバーや高級レストランが連なるエリア。お食事の後は川沿いの300mを超える遊歩道でのんびりと散策しながら、水の都の雰囲気をお楽しみいただけます。川面をうっすらと赤く染めるサンセットの時間帯(17:00~18:30頃)の散策が、特にお薦めです。

基本情報

名称 アジアティーク・ザ・リバー・フロント
名称(英) ASIATIQUE THE RIVERFRONT
URL http://www.asiatiquethailand.com/
営業時間 11:00-24:00
住所 2194 Charoenkrung Road, Wat Prayakrai District, Bangkor Laem, Bangkok 10120
アクセス シャトルボートサービスあり ◆サパーンタクシン・シェラトン船着き場発ー17:00~20:00 ◆サパーンタクシン・エキスプレスボート船着き場発ー20:00-23:00 ※シャトルボートの営業時間は23時前に終了する場合がありますのでご注意ください。
備考 http://www.asiatiquethailand.com/
地図Googleマップで確認する

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画