バンパイン宮殿

Bang Pa-In Palace
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

1637年、アユタヤ王朝24代目のプラサート・トーン王が建てた宮殿で、歴代の国王たちが夏を過ごす別荘として利用されていました。1767年のビルマ軍攻略以降、しばらく放置されたままでしたが、チャクリー王朝のラーマ4世と5世によって、現在のように再興されました。

離宮には、パビリオンと呼ばれる5つの館が点在しています。湖の中央で華やかな光を放つタイ風建築のアイサワン・ティッパヤー宮殿、内部見学も可能な中国風建築が美しいウィハット・チャムルン宮殿、ルネッサンス風のワロパット・ピマン王座ホールなど見どころ満載。緑が美しい庭園も一見の価値ありです。

基本情報

名称 バンパイン宮殿
名称(英) Bang Pa-In Palace
営業時間 08:00〜16:00 (チケット購入08:00〜15:30)/無休
料金 100B(※カートでの見学は400B/台)
住所 Ban Len, Bang Pa-in, Phra Nakhon Si Ayutthaya
アクセス バンコク市内より、車で約1時間15分
地図Googleマップで確認する

キーワード

バンパイン宮殿 バンパイン