手つかずの自然が残る美しい島へ

洗練された大人のビーチリゾート、サムイ島の旅

photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

タイ南部、マレー半島を挟んでプーケットの反対側に浮かぶサムイ島は、島のほとんどがココナッツ林で覆われていることから別名「ココナッツ・アイランド」と呼ばれる美しい島です。豊かな自然を守るため、ココナッツの木より高い建物の建設を禁止していたりと、他のリゾートとは一線を画す洗練された雰囲気で、世界中の観光客を魅了しています。

サムイ島ってどこにあるの?

サムイ島は、マレー半島の東に浮かぶタイで三番目に大きな島です。アクセスは、バンコク・スワンナプーム空港からバンコクエアウェイズが1日20便以上運航中。所要時間は約1時間20分。バンコク以外の経由便は、香港とシンガポール、クアラルンプールからバンコクエアウェイズ他が運航中です。


サムイ国際空港は、オープンエアーのターミナル施設やショッピングアーケードが続くエントランスを擁し、まるでリゾートホテルのような趣。かわいらしいトロリーが空港内を走っています。

 

旅の魅力 その1
リゾートホテルのバリエーションが豊富


コンラッド・コサムイ
タイのビーチリゾートの中でも、“大人が楽しめるビーチリゾート”として知られるサムイ島。島内には、「ザ・リッツ・カールトン」や「コンラッド」、「インターコンチネンタル ホテル」などワールドクラスのラグジュアリーホテルが進出していて、世界中から注目を集めています。


ザ・リッツ・カールトン・コ・サムイ

W コー・サムイ
その他にもビーチフロントのデザインホテルや、南国気分を盛り上げてくれるバンガロー、コスパ抜群のおしゃれなホステルなど、宿泊先のバリエーションが豊富です。旅の目的や予算に合わせて選ぶのがおすすめです。


KCリゾート & オーバー ウォーター ヴィラズ

COSI サムイ チャウエン ビーチ

 

旅の魅力 その2
個性豊かなビーチが点在


サムイ島には、北部、東部、西部に渡って白砂が続くビーチが点在しています。空港からアクセスしやすい北部には、もともとは漁村だったのが今やおしゃれなスポットとして人気の高いボプット・ビーチや高級リゾートが並ぶチョンモン・ビーチがあります。東部には、島のメインビーチであるチャウエン・ビーチや欧米のバックパッカーなどに人気のラマイ・ビーチが。西部には美しいサンセットが魅力のタリンガム・ビーチや手つかずの自然が残る長閑なトン・ヤン・ビーチが並んでいます。

 

旅の魅力 その3
美しい海の広がる離島へアイランドホッピング


サムイ島の沖合には、手つかずの自然が残る美しい島々が点在しています。サムイ島から西へ約30kmのところには、大小50の島々から構成されるアーントーン諸島があります。アーントーン諸島は国立海洋公園に指定されていて、サンゴ礁の広がる海でシュノーケリングをしたり、ハイキングも人気のアクティビティです。サムイ島からの日帰りツアーもあるので、気軽に訪れることができます。


ダイビングをするなら、サムイ島から北へ約60kmのところにあるタオ島へ。ジンベイザメとの遭遇率が高いことから、世界中のダイバー憧れのダイビングスポットとして知られています。タオ島の西に浮かぶサンゴ礁の島、ナン・ユアン島も絶景スポットとして人気。島の周囲のほとんどがダイブサイトです。

パンガン島のフルムーンパーティー


サムイ島のお隣の島、パンガン島は白砂のビーチが点在する長閑なアイランドリゾート。そんなパンガン島の名物といえば、毎月満月のよるに開催されるフルムーンパーティー。“世界三大フルムーンレイブパーティー”のひとつと言われ、毎月約2万人〜4万人の人々が世界中から集まるビーチパーティーは、一度は訪れてみたいイベントのひとつです。


 

旅の魅力 その4
洗練されたショッピングエリアで買い物&食事


サムイ島には、近年おしゃれなレストランやショップも増え、ショッピングエリアは観光客で賑わいを見せます。島の北部ボプット・ビーチにある「フィッシャーマンズ・ヴィレッジ」には、新鮮なシーフード料理を楽しめるレストランやタイ雑貨を扱うショップなどが並びます。さらに区画内にはショッピングアーケード「ザ・ワーフ・サムイ」があり、レンガ造りの港町をイメージした敷地内には、タイ最先端のショップが軒を連ねています。



エキゾチックな雑貨をお土産に選んだりリゾートステイにぴったりなファッションアイテムを買い物したら、海辺のレストランで食事を。地元の人々や観光客に人気なのが本格的なナポリピザを楽しめる「ココ・タムズ」。バンコクの大人気ピザ屋「ペッピーナ」とコラボレーションしていて、石釜で焼くピザが絶品です。ビーチを望むロケーションも南国ムードを盛り上げてくれます。


 

旅の魅力 その5
心癒される観光名所


サムイの自然を堪能できる観光名所を有するサムイ島。海を見下ろす高台に鎮座するビッグ・ブッダがシンボルの「ビッグ・ブッダ寺院」は、サムイ島で人気の観光名所です。高さ12mの黄金色のビッグ・ブッダは穏やかな微笑みをたたえサムイ島を見守っているかのよう。階段をのぼった頂上からはパンガン島まで望む景色が広がります。


東海岸のラマイ・ビーチ近くには、島屈指の絶景スポット「ラマイ・ビューポイント」があります。ケーブルカーに乗って山の頂上に到着すると、サムイの海を一望する絶景が待っています。周囲の熱帯雨林を宙に舞うように散策できるジップラインがアクティビティとして用意されているのもユニークです。

熱帯雨林でたっぷりとマイナスイオンを感じるなら、滝遊びがおすすめ。ラマイ・ビーチから徒歩15分のところにあるナー・ムアンの滝は滝壺で遊泳することができ、週末になるとピクニックをする人で賑わいます。さらに、ナー・ムアンの滝周辺には、象の背中に乗ってジャングルを探検するエレファント・トレッキングを体験できるサファリがあり人気です。タイらしいアクティビティは、忘れられない思い出になるはずです。

プーケットに次いでタイを代表するビーチリゾートとして発展し続けているサムイ島。心もカラダもリラックスできる洗練されたビーチリゾートで、のんびりバカンスを楽しんでみるのはいかがでしょうか?