チャンタラカセーム国立博物館

Chantrakasem National Museum
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ナレースワン王そしてその弟のエカタット王が即位する前に暮らしていた宮殿で、現在はアユタヤ時代の仏像やさまざまな品物を展示している博物館。この宮殿は1477年、マハタマラチャー王時代に香りの良い栴檀(チャン)の木を使って副王のナレースワンのために建てたもので、後にここを修復したバンコク王朝のラーマ4世が、改めて「チャンタラカセーム宮殿」と命名しました。見どころとして、アユタヤ時代の美しい仏像が展示されている「ピマーンラッタヤー宮殿」や、ラーマ4世が星を観察するために建てた天文台などがあげられます。また、ここから徒歩数分でホアロー市場があり、合わせて訪ねることもできます。

基本情報

名称 チャンタラカセーム国立博物館
名称(英) Chantrakasem National Museum
営業時間 9時から16時月・火・祝日は定休日
料金 拝観料30バーツ
住所 Uthong Road, Tambon Huaro, Amphur Muang, Ayutthaya 13000
アクセス 市内からトゥクトゥクで10分
電話 035-251-586, 252-795
FAX 035-251-586
地図Googleマップで確認する

キーワード