モーケン族の村(レーム・トゥクケー)

Chao Lae Village(Laem Tukkae)
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

プーケットタウンから車で10分ほどのレーム・トゥッケーにある、チャオレー族(モーケン族)の人々が暮らす村。チャオレーは「海の民」という意味で、おもに漁業を営んで暮らす少数民族の人々。現在は定住化が進んでいますが、かつては一生を舟の上で過ごす人もいたんだとか……。レーム・トゥッケーには、現在300家族1500人が漁業をつづけながら生活をしています。ソンテウなどの移動手段がないため、車などをチャーターするのがベスト。プーケットタウンからなら往復でだいたい400〜500Bほど。ちなみに、プーケットにはもう一カ所、ラワイ・ビーチ沿いにもチャオレー族の人々が住む村があります。

基本情報

名称 モーケン族の村(レーム・トゥクケー)
名称(英) Chao Lae Village(Laem Tukkae)
住所 Laem Tukkae,Kao Sirae, Phuket
アクセス プーケットタウンから約4キロ

この記事のタグ