チャオメー・クアンイム神社 (ティアンファー財団)

Chao Mae Kuan Im Shrine (Thian Fah Foundation)
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

バンコクのヤワラー地区にあるチャオメー・クアン・イム神社(天華醫院)は、必ず参拝しなければならないといわれている素晴らしい聖地です。ティアンファー財団は、1908年にタイで成功をおさめた大富豪の中国人6名によって、経済的に恵まれない人たちの治療を目的に建てられた病院を運営するタイ初の中国人財団。敷地内には、800年前に造られた神社があり、1958年に中国から運ばれた観音像を祀っています。地元では、病気治癒にご利益があるとされる神社の一つとして人気があります。慈悲の女神像は、風水(中国の地理学)のルールに従って最も強力な方位に安置されており、ヤワラー通りが最高の場所だと考えられています。觀世音菩薩が祝福を授けた像は白檀から彫られ、唐の芸術に基づいて金の象嵌を施したものです。この像は中国から招かれたもので、聖地であると参拝者の間で高く評価されてきた理由にもなっています。また、潮前観音像は、母の子供への愛のような慈悲の心として有名です。多くの人は健康や厄除けなど、どんなことでも加護をお願いするために訪れます。

幸運を願いたい人には、自分の出生エレメントに基づいて、願い事をすることをお勧めします。まず、火のエレメントは、幸運、強さ、安定を願います。第二に、木のエレメントは、精力・威信・出世を願います。第三に、地のエレメントは、才能を願います。次に、金属(金)のエレメントは、強い心を表します。最後に、水のエレメントは、支援者や後援者を意味します。

基本情報

名称 チャオメー・クアンイム神社(ティアンファー財団)
名称(英) Chao Mae Kuan Im Shrine (Thian Fah Foundation)
営業時間 参拝自由
住所 Khwaeng Samphanthawong, Khet Samphanthawong, Bangkok 10100
アクセス チャイナタウンのランドマークである大門のすぐ横
電話 02-237-2190
地図Googleマップで確認する

キーワード

チャオメー・クアン・イム神社 チャオメークアンイム クアンイム チャオメークアンイム神社 チャオメー ティアンファー財団 ティアンファー Chao Mae Kuan Im Shrine Thian Fah Foundation