チンプラチャーハウス

Chin Pracha House
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

錫鉱山を経営していたプラ・ピタック・チンプラチャーという華僑が1903年に建てた、シノ=ポルチュギース・スタイルの邸宅。2階建ての建物の外観はヨーロッパ風の意匠が取り入れられ、一方家具などはほとんど中華風。水が張られた吹き抜けの坪庭が美しいです。プーケットでは、こうした一戸建ての様式は「アンモア・ラウ(Angmor Lounge)=ヨーロッパの建物」と呼ばれています。数多くある「アンモア・ラウ」のなかでも、プーケットで最初に建てられたのが、このチンプラチャーハウス。映画撮影などにも使われていて、家のなかには、鍵盤が象牙の珍しいピアノや年代物の家具などが並んでいます。現在も子孫の方がお住まいですので、勝手に入ることは厳禁。必ず事前連絡をしてから伺ってください。また見学する際には、保存援助のための寸志を渡してください。許可のない写真撮影もご遠慮を。

基本情報

名称 チンプラチャーハウス
名称(英) Chin Pracha House
営業時間 見学9時から16時。不定休
住所 98 Krabi Road, Muang District, Phuket
アクセス プーケットタウン中心部から徒歩すぐ
電話 076-211-281
備考 要事前連絡

この記事のタグ

特集:とっておきのタイ情報

タイ文化をもっと知る!バンコクでチャレンジしたい5つのアクティビティー&ワークショップ
タイを代表する祭り①水掛け祭りとしても知られるタイ旧正月のお祭り「ソンクラーン」
田園風景が広がる長閑なエリアへタイの伝統と歴史を感じる、南イサーンの旅
人気店のオーナーに聞く!タイの郷土料理 vol.2刺激的な辛さが病み付きに!?「タイ南部料理」

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチに行こう!

    ビーチに行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す