• 2022/07/01
    【大阪事務所】業務時間等変更のお知らせ
  • 2022/07/01
    【特集記事】タイの食文化について 〜中央部編〜
  • 2022/07/01
    【テレビ】7月3日放送サンバリュ『霜降り風磨のワクワクメディア』
  • 2022/06/30
    【特集記事】タイの食文化について 〜南部編〜
  • 2022/06/30
    【インタビュー】お祭り系アイドルFES☆TIVE
  • 2022/06/29
    【映画】『プアン/友だちと呼ばせて』8/5より全国順次ロードショー 

ダナバディ・セラミック・ミュージアム

Dhanabadee Ceramic Museum
ダナバディ・セラミック・ミュージアム
  • ダナバディ・セラミック・ミュージアム
  • ダナバディ・セラミック・ミュージアム
  • ダナバディ・セラミック・ミュージアム
  • ダナバディ・セラミック・ミュージアム
  • ダナバディ・セラミック・ミュージアム
  • ダナバディ・セラミック・ミュージアム
  • ダナバディ・セラミック・ミュージアム
  • ダナバディ・セラミック・ミュージアム
  • ダナバディ・セラミック・ミュージアム
  • ダナバディ・セラミック・ミュージアム

創設者のアパ・E・シムユー・セーチン氏(Apa E Simyu Saechin)は1911年に中国の広州で生まれ、ベトナムに移住した後にバンコクに渡り、最後にチェンマイに定住しました。1955年にランパーンで陶器の食器を作るのに最適な良質のカオリン粘土(白陶土)を見つけたことが、ランパーン名物のニワトリ柄の”チキンボウル”の起源になっていてます。

「ダナバディ・セラミック・ミュージアム」は、ランパーンで最初の陶磁器工場の創設者であるアパ・E・シムユー・セーチン氏の名誉を守るために2012年に設立されました。館内では、ダナバディの関連会社の歴史や”チキンボウル”やランパーン市のセラミックの起源、伝統的な”チキンボウル”のデモンストレーション、セラミック生産の工程を見学することができます。また、”チキンボウル”の絵付け体験も可能で、お土産に持ち帰ることもできます。

敷地内には直販店もあり、人気商品の”チキンボウル”をはじめ、セラミックの花瓶、キャンドルホルダー、吸水コースターなど世界70か国に輸出されている高品質の製品の購入も可能。アウトレットコーナーやカフェも併設されています。

基本情報

名称 ダナバディ・セラミック・ミュージアム
名称(英) Dhanabadee Ceramic Museum
URL https://dhanabadee.com/
営業時間 09:00~17:00/不定休
住所 543 Moo 1 T. Gluaypae, A. Muang Lampang 52000
アクセス チェンマイ中心部から「ダナバディ・セラミック・ミュージアム」まで車で約1時間半。ランパーン・バスターミナル、または国鉄ランパーン駅からソンテウで約10分。(料金100バーツ~)
電話 054-354011~12 EXT.112
備考 E-mail : mm@dhanabadee.com, dm5@dhanabadee.com ※絵付け体験は、事前の予約をおすすめします。
地図Googleマップで確認する
キーワード
ダナバディセラミックミュージアム ダナバディ タナバディ ダナバディ― セラミック ニワトリ ニワトリ器

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画