ジャパニーズガーデン

Japanese Garden
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

ナンユアン島は美しいビーチで3つの島が繋がっており、その北東側がジャパニーズガーデンと呼ばれる。西風を避けることができるのでほぼ穏やかで、水深が比較的浅く初心者でも楽しめるため、オープンウォーターの海洋講習なども行われる。5mから14m 付近まではキャベッジコーラルやエダサンゴなどハードコーラルが広がり、ヒレフリサンカクハゼやスズメダイモドキなどの非常にコミカルな魚たちの宝庫となっている。砂地は水深 16mで平らになり、足の踏み場もないほどにハゼが現れる。場所によっては人気のメタリックシュリンプゴビーが大量発生しているところも。フタホシタカノハハゼの黄化個体も同じ場所にたくさんいる。数もさることながら、ハゼ観察のしやすさはタオ島でも1、2を争う場所で、容易に接近ができる。

基本情報

名称 ジャパニーズ ガーデン
名称(英) Japanese Garden
アクセス タオ島(メーハード港)から大型ボートで15分、 スピードボートで7分
地図Googleマップで確認する

キーワード

ジャパニーズガーデン ダイブサイト DIVE SITES DIVE SITE ジャパニーズ ガーデン

特集:とっておきのタイ情報

地域社会の強化によりタイの文化や伝統の保存を促進します【CBT】コミュニティベースド・ツーリズム
サムイ・プラスに関する情報サムイ・プラスについて
「プーケット・サンドボックス」及び「プーケット・サンドボックス 7+7エクステンション」に関する情報「プーケット・サンドボックス」及び「プーケット・サンドボックス 7+7エクステンション」について
一度は訪れてみたい観光名所やタイの伝統文化に触れられる注目のタイドラマタイドラマ『Love Beyond Frontier』ロケ地紹介

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す