コークカーム・バード・サンクチュアリ

Khoakham Bird Sanctuary
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

マングローブ林が生え茂るサムットサコーン県コークカーム地区は、エビをはじめとする魚介類の養殖や塩田などが盛んなエリア。また、野鳥にとってもエサが豊富にあるため、毎年12~2月頃、シベリアやカムチャツカ半島などからチドリ目やシギ科など湿地で生息する鳥が約40種類以上が越冬してきます。数年前から地元の自然保護団体を中心に、湿地に数万本の竹の竿を立ててマングローブを海水の浸食から防ぎ鳥たちを守ろうとする活動を展開。その成果で近年では、ヘラシギ(Spoon-billed Sandpiper)やウズラシギ(Sharp-tailed Sandpiper)、オオハシシギ(Asian Dowitcher)などバード・ウォッチャーの間で貴重な存在とされる鳥たちも確認されるようになりました。また、タイ湾に面している近くの海では、数を減らしている淡水イルカ(イラワディ・イルカ)の姿も見られることもあり、地元の人々の間でちょっとした人気のスポットになっています。

基本情報

名称 コークカーム・バード・サンクチュアリ
名称(英) Khoakham Bird Sanctuary
期間 8月にも確認されますが、2月頃がベストシーズン
住所 Moo 3 Khoakham, Samutsakorn74000
アクセス マハチャイ市内から約7キロメートル
電話 コークカーム自然保護活動団体:08 -7082-8486 、タイ国政府観光庁サムットソンクラーム事務所: 034-752-847, 034-752-848
備考 パンターイ・ノラシン祠あたりとその周辺も観察するポイントのひとつ
地図Googleマップで確認する