• 2022/05/26
    【クラウドファンディング】象と人が共存できる新たな観光の形をスリン県に!
  • 2022/05/25
    【オーガニックハーブブランド】「アバイブーベ・ジャパン」のご紹介
  • 2022/05/24
    【グルメ】『アジアのベストレストラン50』南部料理「ソーン」がアジア第2位の称号を獲得
  • 2022/05/24
    【マラソン】スーパースポーツ 「ラグーナ・プーケット国際マラソン」開催! プーケットまたは日本に居ながらでも参加可能
  • 2022/05/23
    【タオ島】6/7&8開催 「Spotlight Koh Tao@World Ocean Day 2022」
  • 2022/05/23
    【WEB】トラベル Watch「タイ国政府観光庁主催 視察ツアー」チェンマイ編

マリカシティー1905 A.D.

Mallika City, 1905 A.D.
マリカシティー1905 A.D.
  • マリカシティー1905 A.D.
  • マリカシティー1905 A.D.
  • マリカシティー1905 A.D.
  • マリカシティー1905 A.D.
  • マリカシティー1905 A.D.
  • マリカシティー1905 A.D.
  • マリカシティー1905 A.D.
  • マリカシティー1905 A.D.

マリカシティー1905 A.D.は、タイ王国が「シャム王国」と呼ばれていたラーマ5世治世中(1873-1910 A.D.)のチャオプラヤー川流域に栄えた当時の街並みやライフスタイルを再現したレトロな人工都市テーマパークです。

1905年頃のタイは、奴隷制度が廃止され、奴隷たちは自ら生計を立てなければならなくなりました。生活様式の変化により、自給自足、自立、全てのシャム人と調和した生活を送るようになりましたが、こうした時代に沿って変化するライフスタイルのパターンは、今日のタイの人々の基礎となっています。

施設内では、タイ衣装の貸し出しや穴のあいた古代通貨(為替レート:1サタン= 5バーツ)でのお買い物、当時の貴族の移動手段となっていた人力車(1回50バーツ)など、シャム時代のタイの人々の生活や街の雰囲気をリアルに体験することが可能。毎日(火曜日を除く)18:00から20:00には、タイ伝統舞踊を鑑賞しながら夕食を楽しめるディナーショーも開催しています。

※『マリカ』とは、タイ語でジャスミンを意味します。

≪入場料・セットチケットの内容≫
入場料のみ:大人250バーツ、子供120バーツ
入場料∔タイ衣装:大人400バーツ、子供300バーツ
入場料+ランチ:大人500バーツ、子供250バーツ
入場料+タイ衣装+ランチ:大人650バーツ、子供450バーツ
入場料+ディナー+タイダンスショー:大人700バーツ、子供350バーツ
入場料+タイ衣装+ディナー+タイダンスショー:大人900バーツ、子供500バーツ

タイ衣装だけのレンタルも可能です。
女性:200バーツ~
男性:150バーツ~
子供:50バーツ~
※価格は変更される場合があります。

基本情報

名称 マリカシティー1905 A.D.
名称(英) Mallika City, 1905 A.D.
URL https://www.tourismthailand.org/Attraction/mallika-city-1905-a-d
営業時間 09:00〜18:00
期間 ディナーショー:火曜日を除く毎日18:00~20:00 ※要事前予約 TEL : 034-540-884~6
料金 大人250バーツ、子供120バーツ(タイ衣装、ディナーショーが含まれたセットチケットあり)
住所 168 Moo 5 Singh sub-district, Saiyok district, Kanchanaburi 71150
アクセス カンチャナブリー・バスステーションより、公共バスまたはバンで約30分。乗車の際に、マリカシティーに行きたい旨を伝えてください。/タムクラセー駅から車で約18分
電話 034-540-884~6
FAX 034-540-883
地図Googleマップで確認する
キーワード
マリカシティー マリカ Mallika City

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画