• 2022/05/26
    【クラウドファンディング】象と人が共存できる新たな観光の形をスリン県に!
  • 2022/05/25
    【オーガニックハーブブランド】「アバイブーベ・ジャパン」のご紹介
  • 2022/05/24
    【グルメ】『アジアのベストレストラン50』南部料理「ソーン」がアジア第2位の称号を獲得
  • 2022/05/24
    【マラソン】スーパースポーツ 「ラグーナ・プーケット国際マラソン」開催! プーケットまたは日本に居ながらでも参加可能
  • 2022/05/23
    【タオ島】6/7&8開催 「Spotlight Koh Tao@World Ocean Day 2022」
  • 2022/05/23
    【WEB】トラベル Watch「タイ国政府観光庁主催 視察ツアー」チェンマイ編

ミット・ゴー・ユアン

Mit Ko Yuan
ミット・ゴー・ユアン
  • ミット・ゴー・ユアン
  • ミット・ゴー・ユアン
  • ミット・ゴー・ユアン
  • ミット・ゴー・ユアン
  • ミット・ゴー・ユアン

「カオパット・ロットファイ(鉄道炒飯)」が生まれたのは、今から約85年前。王族の別荘や王宮があったホアヒンは、当時タイの富裕層に人気の旅先でした。西洋の鉄道文化「食堂車」をタイで初めて導入し、バンコク~ホアヒン間で特別なメニューを提供したいと考えた末に生まれた一品でした。

使用された食材は全て海外からの輸入品で、当時タイでは手に入らなかったバターやトマトソース、グリーンピース、紅腸(中国の赤いソーセージ)など高級食材ばかりでした。当初は、トマトソースを使用していたため赤い色をしていましたが、やはりトマトが手に入りづらいという理由から、紅腐乳(豆腐を塩漬け発酵させた食品)が代わりに使われるようになり、ピンク色の炒飯に定着しました。

食堂車での販売がきっかけで、「カオパット(炒飯)・ロットファイ(鉄道)」と呼ばれるようになり、バンコク-ホアヒン間の路線でのみ販売されていた、今となっては幻の炒飯です。ミット・ゴー・ユアンで、ぜひその貴重なメニューをお試しください。

ミット・ゴー・ユアンの歴史は古く、開業はラーマ5世時代から現在に至ります。オーナー自ら食材を調達し、料理の提供までを見届けています。そのため、オーナー不在の状態でお店が開かれることはありません。シグネチャーメニューのカオパット・ロットファイ(鉄道炒飯)やミー・グロープ(サクサク麺)、昔ながらの牛肉サラダ、トムヤムクンなど、開業当時から変わらないメニューは味わっておきたいものばかり。特に、カオパット・ロットファイ(鉄道炒飯)は、バンコクではミット・ゴー・ユアンでしか味わえないローカルフードです。

基本情報

名称 ミット・ゴー・ユアン
名称(英) Mit Ko Yuan
URL https://www.facebook.com/Mitkoyuan/
営業時間 月曜日-金曜日 11:00~14:00/16:00~22:00 、土日 12:00~22:00
住所 186 Dinso Rd, Sao Chingcha, Phra Nakhon, Bangkok
アクセス 民主記念塔から南へ延びるディンソー通りの民主記念塔とジャイアントスイングの中間辺りにあります
電話 02-441-194/092-434-9996
地図Googleマップで確認する
キーワード
Mit Ko Yuan ミットコーユアン ミットゴーユアン ミッコーユアン Mitkoyuan ミッゴーユアン Railway Fried Rice カオパットロットファイ 鉄道炒飯 鉄道チャーハン 炒飯 チャーハン 

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画