タラード・ナーンラァーン

Nang Lueng Market
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

1900年につくられたバンコクでもっとも古いとされる市場。もともとは周辺に大きな水瓶=イ・ラァーンをつくるモーン族の集落があり、できた水瓶を近くの堀沿いで並べて売っていたところ、次第に人が集まり、市場や映画館などができたとか。現在のタラード・ナーンラァーンは、1929年に発生した大火災の後に復興されましたが、市場を取り囲む2階建てのレトロ風長屋や敷地内に設けられたチュムポーン王子を祀る祠などから、古きよき時代のバンコクを垣間見ることができます。市場内には、グイティウ・キャ(客家の麺)をはじめとする各種麺類やタイの伝統菓子などさまざまな食べ物が売られていて、お昼前には周辺の公務員たちで賑わいます。

基本情報

名称 タラード・ナーンラァーン
名称(英) Nang Lueng Market
住所 Nakornsawan Rd,Pomprab Sattru Pai, Bangkok 10100
アクセス 旧王宮前広場からトゥクトゥクで約10分

この記事のタグ