3泊4日のモデルコース紹介

秘境リゾート・チャーン島で大自然を満喫する旅

photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

個性的なビーチリゾートが点在するタイには、一年を通して世界中から旅行者が集まります。手つかずの自然が残る秘境リゾートがお好みなら、チャーン島を旅してみるのはいかがでしょうか?

注目度上昇中! チャーン島の魅力


チャーン島は、タイの南東端、カンボジアと国境を接するトラート県の沖合に浮かぶ美しい島です。プーケット島についでタイで2番目に大きく、島が象の形に似ていることから、タイ語で象=チャーンと名付けられました。アクセスは、バンコクからトラートまで飛行機で約1時間、トラートの船着場からフェリーで約25分〜40分です。
 

チャーン島の魅力 その1
手つかずの自然が残る長閑なリゾート地


チャーン島は島全体が海洋国立公園に指定され、白砂のビーチとサンゴ礁の広がる青い海が魅力です。島内には、ホワイト・サンズ・ビーチやロンリー・ビーチ、カイベー・ビーチなどのビーチが点在し、島の西側から南側のポイントではダイビングやシュノーケリングを楽しむことができます。それらのビーチエリアを中心に、ラグジュアリーホテルからお手頃なバンガローまで様々な宿泊施設があり、旅のスタイルに合わせて選ぶことが可能です。尚、ビーチを思いきり満喫するなら、ベストシーズンは11月から5月になります。

ホワイト・サンズ・ビーチ
ココナッツの木が並ぶ長さ約6キロのビーチ
カイベー・ビーチ
目の前には島々が点在する海が広がる
クロン・パラオ・ビーチ
カイベー・ビーチとつながっている遠浅の長いビーチ


 

チャーン島の魅力 その2 
近郊に美しい島々が点在


チャーン島はアイランドホッピングの拠点としても知られています。近郊には美しい島々が点在し、バン・バオ船着場から島巡りを楽しむことができます。
世界有数のダイビングスポットであるラン諸島や、豊かな生態系が育まれ釣りに適したワイ島、ココナッツ林が広がるマーク島やクラダード島も人気です。


ラン諸島
世界有数のダイビングスポット

ワイ島
釣りに適した大規模なサンゴ礁が広がる海


マーク島
美しい景観を楽しめる入り江が、島中に点在

クラダード島
美しいサンゴ礁と白く長い砂浜のビーチ

 

チャーン島の魅力 その3 
熱帯雨林やマングローブ林が広がる自然の宝庫


チャーン島の魅力はビーチや美しい海だけに留まりません。南国らしいマングローブ林や、内陸の熱帯ジャングルも足を運びたい場所。マングローブ林は伝統的なタイ式ボートに乗り散策するのが人気。熱帯ジャングルにいくつもある滝を訪れ水遊びをするのもおすすめです。


バーン・サラコック
タイ式ボート(マッドボート)の旅

クローン・プルー滝
天然のフィッシュ・スパ体験ができる!チャーン島の人気スポット

 

3泊4日チャーン島のモデルコース
秘境リゾート・チャーン島を満喫する3泊4日のモデルコースをご紹介!

《1日目》チャーン島へ

8:20 スワンナプーム空港からトラート空港へ

POINT!
バンコクからトラートへはバンコクエアウェイズが便利です。搭乗券を提示すれば、空港内のラウンジも利用可能!

9:20 トラート空港に到着


 

10:00 トラートからフェリーでチャーン島へ

POINT!
ナチュラル・ベイ船着場からアオ・サッパロット船着場までフェリーで約25分。センターポイント船着場からダーン・カオ船着場までフェリーで約40分。



10:30 チャーン島に到着

 

11:30 ホテルに到着 荷物を預ける

POINT!
ホテルは島の西海岸に集まっています。 のんびりとした滞在を楽しむなら、ビーチ沿いのリゾートホテルがおすすめです。


ザ・デワ・コ・チャーン


 

12:00 ローカル食堂でランチ

通りや町中にあるローカル食堂でタイ風ラーメン「クイッティアオ」のランチ。米麺のヘルシーな麺料理で、卓上の調味料で味付けをすることができます。
 

13:30 クロン・プルー滝へ


クロン・プルー滝
ランチの後はチャーン島で一番大きな滝、クロン・プルー滝へ。澄みきった水が流れる川沿いを約20分ほど歩いていくと到着。滝は3段階に分かれ、低いところでも高低差は約40mもあり圧巻。滝つぼでは泳ぐことができ、フィッシュ・スパのように魚が沢山集まります。

 

15:30 カイベー・ビーチでリラックス

滝遊びのあとは、タイ湾を一望できるカイベー・ビーチへ。遠浅で泳ぐのに適したビーチは、どこまでも白砂が広がるロングビーチ。ココナッツの木が並ぶビーチで寝転べば、思いっきりリラックスできるはずです。
 

17:30 ビューポイントからサンセット観賞


カイベー・ビーチ
タイ湾に沈む美しい夕日を観るなら、カイベー・ビーチから続く丘の上にあるビューポイントへ。タイ湾に浮かぶ島々を一望する景色が広がり、絶好のスポットです。

18:30 地元で話題のシーフードレストランでディナー


ノン・ブア・シーフード
「ノン・ブア・シーフード」はチャーン島とトラートの町中に2店舗を展開する人気のシーフードレストラン。新鮮なシーフードを使ったタイ料理が評判で、タイ全土の料理が豊富に揃います。オープンエアーの開放的な雰囲気も、南国気分を盛り上げてくれます。
 

《2日目》美しい島々をアイランドホッピング

9:00 アイランドホッピングへ出発

バン・バオ・フィッシャリー・ヴィレッジ
バン・バオ船着場から船に乗ってアイランドホッピングへ出発。特に人気の3つの島を巡ります。

 


ラン島
バン・バオ船着場からボートで約30〜40分。世界有数のダイビングスポットであるラン島は、人が暮らしていないため手つかずの自然が残る無人島。美しいサンゴ礁やカラフルな熱帯魚を見ることができるので、シュノーケリングを楽しむのも一案です。
 


マーク島
ラン島を出発して向かうのはマーク島。チャーン島近郊の島々の中でも大きな島で、島内にはレストランやカフェ、バンガローが並びます。静かな海を眺めながらランチタイムを満喫しましょう。
 


クラダート島
最後に訪れるのはマーク島の東側に位置するクラダート島。海辺に並ぶココナッツの木と島に生息する野生の鹿が見どころ。
 

17:00 ホテルに到着

 

18:00 ホテルでディナー


ホテルで海を眺めながらディナー。ビーチで食事を楽しめるレストランを展開しているのは海辺のリゾートホテルならでは。
 

《3日目》島の東部へ出かける

10:30 島内最古の村、バーン・サラック・ペット


バーン・サラック・ペットはチャーン島の中で最も古い村です。村を散策すれば、沿岸漁業を生業にする村人たちの生活を垣間みることができます。一番の見どころは、ラーマ5世の在位中に建立された古刹「サラック・ペット寺院」。赤と金色のコントラストが美しい装飾が施され、村の中でも異彩を放つ存在です。


バーン・サラック・ペット
 

12:30 ローカルレストランでランチ


サラック・ペット・シーフード
サラック・ペット湾にある「サラック・ペット・シーフード」は、地元で捕れた新鮮なイカやカニを使ったタイ料理を食べられるレストラン。水上バンガローが並ぶリゾートホテルに併設していて、海と山を一度に眺めながら食事を楽しむことができます。
 

14:30 マングローブ林を抜ける川下りを体験


バーン・サラコック
チャーン島の東側にある小さな漁村、バーン・サラコックへ。ここでは、伝統的なタイ式のボート(マッドボート)でマングローブの林を抜ける川下りが人気。大自然を思いきり満喫できる癒しのアクティビティです。
 

ホテルに到着 ひと休み

 

18:30 ナイトマーケットへ


最後の夜は、ナイトマーケットへ。ローカルフードを出す屋台や雑貨が並ぶ露店が続き、食べ歩きやお土産探しにぴったりの場所です。タイマッサージも受けることができます。
 

《4日目》バンコクへ

12:00 ホテルをチェックアウトしてトラート空港へ

 

16:25 トラート空港からスワンナプーム空港へ

 

17:25 スワンナプーム空港に到着

POINT!
まだまだアクティブに楽しみたい人は早めにホテルをチェックアウトしてフェリーでトラートへ。バンコクに戻る前にトラートの観光地巡りも◎

 

チャーン島紹介

チャーン島にはバンコクエアウェイズで!チャーン島に行くならバンコクエアウェイズが便利です。バンコク・スワンナプーム空港から毎日4便運航中。国内線を利用のお客様は全員ラウンジ利用が可能です。
HP:https://www.bangkokair.com/