• 2022/05/25
    【オーガニックハーブブランド】「アバイブーベ・ジャパン」のご紹介
  • 2022/05/24
    【グルメ】『アジアのベストレストラン50』南部料理「ソーン」がアジア第2位の称号を獲得
  • 2022/05/24
    【マラソン】スーパースポーツ 「ラグーナプーケットマラソン」開催! プーケットまたは日本に居ながらでも参加できます
  • 2022/05/23
    【タオ島】6/7&8開催 「Spotlight Koh Tao@World Ocean Day 2022」
  • 2022/05/23
    【WEB】トラベル Watch「タイ国政府観光庁主催 視察ツアー」チェンマイ編
  • 2022/05/20
    【スペシャルインタビュー】タイの俳優シントーさんタイ国政府観光庁 東京事務所 来庁記念
ニュースNews

タイ渡航について/タイランドパス(2022年3月1日更新)

2022/03/03
タイ渡航予定のタイ国籍を有しない方の入国手順詳細についてはタイ王国大使館のホームぺージでご確認ください。

※現在、タイランド・パスを名乗る偽メールが送られてくる事例が出ております。必ずドメイン名(@tp.consular.go.th)をご確認下さい。

2022年4月4日更新

タイ渡航をご希望の方はThailandPass申請システムにて渡航予定日の7日前までにご登録が必要になります。

タイランド・パスとは

2022年4月1日現在、タイへ入国するには、タイ入国のための許可申請システムである「Thailand Pass(タイランド・パス)システム」への事前登録が必須です。システムへの登録後 に発行されるQRコードは、飛行機への搭乗手続きの際や、タイ到着時の入国手続きの際にご提示下さい。

また、タイ入国措置はワクチン接種状況に応じて異なります。渡航日の14日前までに新型コロナウイルスワクチン接種を規定の回数終えており、ワクチン接種証明書をお持ちの方はTest&Go(検疫隔離免除)、サンドボックス・プログラム、指定隔離施設(SHA Extra+ またはAQホテル)での5日間の隔離措置にて入国が可能です。

新型コロナウイルスワクチン未接種、もしくは規定の回数終えていない方に関しては指定隔離施設(AQホテル)での5日間の隔離措置となります。

1、TEST&GO(テスト・アンド・ゴー)

タイ入国後の検疫隔離免除

必要書類と条件

2022年4月1日より、渡航前 72 時間以内に発行されたRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書が不要になりました。
なお、各航空会社の新型コロナウイルス RT-PCR 検査要件が異なる場合がありますので、ご利用の航空会社に直接ご確認下さい。

 

  • パスポート(タイ入国時に残存有効期間が6カ月以上)を有すること
  • *ワクチン接種証明書(英文)の取得(渡航日の14日前までに既定の回数終えていること)
  • 指定隔離施設(AQ)/SHA Extra+/OQ/AHQでの滞在1日目(空港からホテルへの送迎+1度のRT-PCR検査費用および1度の抗原検査キット(ATK)代金を含む)の支払い済み予約確認書(英文)の取得
  • ※予約確認書に空港送迎(片道)、1日目のRT-PCR検査1回分と5日目の抗原検査キット1回分の費用が含まれていることを明記する必要があります。
    ※00:01~18:00に到着した場合は到着日を、18:01~00:00に到着した場合はその翌日を1日目とします。

  • 治療費2万USドル以上の治療補償がある医療保険証(英文)の取得
  • ※治療費2万USドル以上の治療補償がある医療保険については、年齢にかかわらず加入することが求められます。

  • Thailand Passへの登録、承認後はQRコードを印刷して持参
  • 1日目のRT-PCR検査で陰性であること

タイ到着後は?

タイ到着後は事前に予約をしたホテルまたは提携病院にホテルの送迎車で直接移動します(公共交通機関の利用は不可)。また、追跡アプリ「モーチャナ(หมอชนะ/MorChana)」をスマートフォンにインストールし、タイ滞在中は常にアプリをオンにします。

ホテルもしくは指定の施設にて到着1日目にRT-PCR検査の受検が必要です。新型コロナウイルス非感染が確認された場合のみ、ホテルの自室より外出が認められます。

3月1日以降は、これまで義務付けられていた滞在5日目の宿泊及び2回目のRT-PCR検査が免除されます。(滞在5日目の宿泊費用に関する対応は予約ホテルに直接お問い合わせ下さい。)滞在日数が5泊以上の場合は、滞在5日目に滞在1日目の宿泊ホテルより受け取った抗原検査キット(ATK)で自己検査を実施し、結果を指定アプリ「モーチャナ」で報告する必要があります。

2、サンドボックス・プログラム

タイ入国後、隔離なしで観光客を受け入れ。サンドボックス対象エリアにて5日間滞在後、他県への移動が可能になります。

詳細は、サンドボックス・プログラムのページをご確認下さい。

3、検疫隔離措置(5日間)

タイ入国後、指定隔離施設(AQホテル)内での検疫隔離

隔離期間

  • ワクチン接種の有無問わず5日間

必要書類と条件

2022年4月1日より、渡航前 72 時間以内に発行されたRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書が不要になりました。
なお、各航空会社の新型コロナウイルス RT-PCR 検査要件が異なる場合がありますので、ご利用の航空会社に直接ご確認下さい。

■5日間の検疫隔離措置
※Test&Goとサンドボックス制度を利用できない方を対象とした通常の入国スキーム

  • *ワクチン接種証明書(渡航日の14日前までに既定の回数終えていること)(英文)
  • 5泊分の指定ホテル(空港から2時間以内の指定隔離施設(AQ))の支払い済み予約確認書(英文)
    ※予約証明書に空港送迎(片道)及び1回分のRT-PCR検査(4-5泊目に実施)費用が含まれていることが明記されている必要があります。
  • 治療費2万USドル以上の治療補償がある医療保険証(英文)
  • Thailand Passへの登録、承認後はQRコードを印刷して持参
  • 到着時のRT-PCR検査で陰性であること

タイ到着後は?

タイ到着後は事前に予約をしたホテルまたは指定の検査センターにホテルの送迎車で移動します(公共交通機関の利用は不可)。また、追跡アプリ「モーチャナ(หมอชนะ/MorChana)」をスマートフォンにインストールし、タイ滞在中は常にアプリをオンにします。

ホテルもしくは指定の検査センターにてRT-PCR検査を受け、客室でテスト結果を待ちます。陰性の場合、旅行者はホテル内の指定エリア内での移動が可能です。隔離期間中は滞在日数に応じた回数のRT-PCR検査を受けます。

隔離期間終了後は、滞在期間中に実施した2回分のRT-PCR検査による新型コロナウイルス非感染証明書をお持ちの場合は、他のエリアへの移動が可能となります。

※滞在期間中のRT-PCR検査の詳細に関しては、ご利用の宿泊施設に直接ご確認下さい。ご渡航の際は、ご利用の航空会社のガイドラインに従ってください。また、タイ国内での移動の場合、移動先の都県により指定された必要書類を用意する必要がある場合があります。

*ワクチン接種証明書はWHO(世界保健機関)またはタイ保健省により承認された新型コロナウイルスワクチンの必要量の接種をタイ入国の最低14日以上前に完了している旨を示す、政府関係機関または地方自治体より正式に発行されたワクチン接種証明書(紙版もしくは電子版ワクチンパスポート)に限ります。

Thailand Passへの登録や必要書類等に関する詳細や入国に関する最新情報並びに新型コロナウイルス感染歴がある方に対するタイ入国措置18歳未満の方に対するタイ入国措置についての詳細等は必ず在東京タイ王国大使館・タイ王国総領事館(大阪・福岡)のウェブサイトにてご確認下さい。
在東京タイ王国大使館
タイ王国大阪総領事館
在福岡タイ王国総領事館

また、タイへの入国に関連する情報は在タイ日本国大使館のウェブページからもご確認頂けます。
在タイ日本国大使館

※タイ国政府観光庁は、本ページに掲載されている外部リンクに掲載された情報及び提供されるサービスに関しての関わりはございません。購入された商品・サービスにおいても責任を負かねます。また、データ更新のタイムラグ等の理由により、本ページに掲載されている関連情報等が、最新のものではない場合がございます。最新情報・詳細は必ず各関連機関のホームページ等にてご確認下さい。

旅に必要なリスト

  • パスポートについて
  • ビザについて
  • 入国について
  • タイの空港
  • タイの交通手段
  • ガイドブック

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画