タイ観光業トップ市場は今も日本

2013/11/06

<TTRウィークリー記事より>
バンコク、2013年11月4日:
日本は中国・韓国と並ぶ主要マーケットとしてタイの観光産業に大規模な送客を続けている、とタイ旅行業協会(ATTA)のチャルーン秘書官は月例審査報告において加盟各社に話した。同氏は先週末行われた協会の会合で、日本は観光業の送客マーケットのトップに位置し、しばしばASEAN+3(日本・中国・韓国)として認識される、と説明した。

日本は、韓国や中国よりはるか前の60年代までさかのぼるタイの最も古い観光マーケットの一つ。これは、日本や東南アジア諸国とアメリカ、ハワイをつないだトランス・パシフィック航空によるものが大きい。同社は追加収益を上げるため、東京から格安便をバンコクに運航していたが、これが観光業の成長を後押しすることになった。

「東京、大阪、福岡は、市場開拓したいタイのツアーオペレーターにとって、今や日本の基幹マーケットだ」と同氏は伝えた。
タイ国政府観光庁東京事務所のニッタヤー所長は、「タイへの日本人観光客は、2007年からプラス成長を記録しています。また、日本政府観光局によると、タイは人気の高い観光地ランキングで中国、韓国、香港、台湾、ハワイに続く第6位となっています。日本人旅行者にとって、タイの主要観光地は依然としてバンコクとその周辺ですが、プーケット、サムイ、クラビ、パンガー県カオラック、チェンマイが後に続きます」と語った。

旅行会社による手配旅行は全体のわずか3割だが、その大半が日本人旅行者からの直接予約となっている。
12月、タイ航空は火・木・土の週3便、バンコク~仙台間の直行便運航を開始する。
昨年、1800万人の日本人が海外旅行へ行き、2011年の1600万人から13%増となった。タイへの渡航は平均すると140~150万人だったが、今年は2012年の134万人から12%アップの150万人を目指す。

■TTR weekly記事原文はこちらから
http://www.ttrweekly.com/site/2013/11/japan-still-a-top-travel-market/#more-64141

特集:とっておきのタイ情報

ラグジュアリーなリゾートステイ、ビーチアクティビティ、内陸部の秘境巡りを存分に楽しむ写真好きな女子のためのモデルプラン~秘境リゾートクラビ+~
スムーズにバンコクを旅しよう!バンコクの公共交通機関の利用方法とおすすめルート
タイ南部でリフレッシュ旅タイ南部で心と身体をリフレッシュ!
タイ文化をもっと知る!バンコクでチャレンジしたい5つのアクティビティー&ワークショップ

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチに行こう!

    ビーチに行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す