1月のタイ空港公社データ・リポート

2013/02/21

<TTRウィークリー記事より>
バンコク、2013年2月19日:
タイ空港公社(AOT)は、管轄下の6空港における航空機移動と乗客の増加を示す1月のデータを報告した。
AOTは月曜、航空機移動は42,484回から48,357回で13.82%、旅客輸送は6,717,806人から7,665,428人で14.11%の向上を示す1月の航空交通量の最新データを発表。しかしながら、主要玄関口のスワンナプーム空港は業績が低下したと報告した。

同空港は、1月、国際線航空機移動は20,146回から19,218回で4.61%の減少を記録し、国内線移動は、10,891回から5,267回で 51.64%ダウンした。

国際線乗客は3,458,095人から3,707,325人で7.21%の成長を見せた一方、国内線は1,536,999人から800,066人で47.95%の減少となった。
バンコクのドンムアン国際空港は、航空機移動と旅客輸送の両方が大規模な成長を記録。同空港の国際航空機移動は、12回から3,321回で27,575.00%の増加となり、一方、国内線航空機は211回から8,345回の移動で3,897.63%の成長率を記録した。これは、前年同月と比較すると、総数が大幅に膨張した国内線のシフトによるもの。

同空港は現在、エアアジア全便の運航で、再び正式に国際空港となっている。現在、タイのすべての国際線はドンムアンに本拠地を置く。タイ国際航空とバンコクエアウェイズのみ、国際線との乗り継ぎサービスのため、国際線をスワンナプーム空港から運航している。

北の玄関口、チェンマイ国際空港は1月も成長を続けている。国際線・国内線航空機移動の両方で、17.56% (467回から549回) と 10.78% (2,951回から3,269回)の2桁増を記録した。国際線旅客輸送は24.81% (53,102人から66,278人)成長し、一方、国内線輸送は6.84% (407,056人から434,883人)の成長率となった。

南の玄関口、プーケット国際空港もまた、全部門で成長を記録。国際線航空機移動は3,419回から3,561回で4.15%増加。国際線航空機移動は2,498回から2,659回で6.45%の成長となった。国際線・国内線いずれも旅客輸送は5.58% (578,953人から611,242人) と 3.29% (422,398人から436,315人)の成長率だった。

チェンライ国際空港は、航空機移動が6.42% (685回から641回)の減少だった一方で、旅客輸送は6.38% (94,240人から100,248人)の成長となった。オリエントタイ航空が遠方の北部都市へのデイリー運航を中止。
ハジャイ国際空港は、航空機移動と旅客輸送の両方が成長したと報告。航空機移動は1,204回から1,437回で19.35%上昇、旅客輸送は166,868人から191,831人で14.96%の成長率を記録した。

■TTR weekly記事原文はこちらから
http://www.ttrweekly.com/site/2013/02/aot-reports-january-gains/

特集:とっておきのタイ情報

4泊6日のモデルコース紹介パタヤ&サメット島で楽しむラグジュアリーな旅〜前編〜
タイを代表するクリエイターにインタビュー vol.2世界が注目するタイブランド「DISAYA」デザイナー、ディサヤ氏
人気店のオーナーに聞く!タイの郷土料理 vol.3味付けがマイルドな「タイ北部料理」
ラグジュアリーなリゾートステイ、ビーチアクティビティ、内陸部の秘境巡りを存分に楽しむ写真好きな女子のためのモデルプラン~秘境リゾートクラビ+~

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す