2013年第1四半期タイ訪問者数18.94%増

2013/05/17

<TATニュースリリース>
バンコク、2013年4月6日:
タイ観光スポーツ省の公表データによると、中国人観光客の93%という劇的な成長に牽引され、2013年1~3月のタイ訪問者は総数6,828,718人を記録して急増、昨年同期を18.94%上回った。

中国人観光客は合計112万人で、わずか3か月という短期間で100万人超を初めて達成した。その成長は主に2013年2月の旧正月によるもので、タイへの長期休暇旅行の急増につながった。加えて、ロシア、韓国、インドといった主要マーケットが2桁成長の強い伸びを示し、日本も力強い回復を見せた。

概観:
中東を除く全域で良好な成長となった。東アジアからの観光客は合計3,623,713人(+28.50%), ヨーロッパ2,131,719人 (+10.28%), 南北アメリカ331,070人(+8.71%), 南アジア313,634 (+16.03%), オセアニア250,124人 (+6.07%), 中東139,499 (-1.20%), アフリカ38,959人 (+6.70%)。

東アジア:
東アジアからの観光客は、全観光客数のうち最も大きなマーケットシェアを形成し、362万人、53.07%が東アジア諸国からとなった。中国はさておき、その他のトップ・ソースマーケットは、マレーシア(627,759人), 日本(408,048人), 韓国(350,529人)。
アセアン諸国は合計148万人の到着者数を生み出し、カンボジア(-11.69%%)、ラオス(-16.64%)を除いて、ブルネイ(+73.11%), インドネシア(+35.13%), ミャンマー(+23.27%), シンガポール(+22.90%), ベトナム(+5.02%), フィリピン(+4.42%), マレーシア(+1.94%)が目覚ましい伸びとなった。

ヨーロッパ:
ヨーロッパからの観光客は213万人となり、10.28%の良好な成長率を見せた。ロシアはヨーロッパ最大のソースマーケットとしての地位を保ち、観光客数584,516人、26%の上昇となった。
プラスの経済状況と冬季期間中のタイへの特別チャーター便により、東欧(+27%) とスウェーデン(+3.72%)が強い伸びとなった。スウェーデンは前年から回復している一方、ベルギー(+12.10%), アイルランド(+5.94%), スイス(+5.92%), スペイン(+1.15%), フランス(+0.40%)が成長を続けている。

南北アメリカ:
南北アメリカからの到着者数は331,070人で8.71%の成長を見せた。主要マーケットはアメリカ合衆国で227,319人となり8.25%増加、下降経済から浮上する同国を示すものとなった。カナダからの到着者数は4.57%上昇。かなりの見込みがあるのが、ブラジル(+21.11%)やアルゼンチン(+18.28%)など好景気の中南米マーケット。

南アジア:
南アジアからの到着者数は313,634人で16.03%の強い成長となった。トップのインドは好調な経済と増便により249,350人となり18.21%上昇した。その他の国は、パキスタン(+7.14%) やネパール(+2.21%)など騒乱や政治的講義が見られたものの、タイへの旅行者への影響はなかった。

オセアニア:
オセアニアからの到着者は250,124人となり6.07%成長した。オーストラリアからの観光客は堅調なオーストラリア経済とオーストラリアドル高によって224,530人となり5.55%増加した。ニュージーランドからの到着者数は25,016人で11.29%増だった。

中東:
到着者数は139,499人で1.20%減となった。これは主にアラブ首長国連邦からの到着者数5.92%の減少によるもの。アラブ首長国連邦の在住者は、代わりにユーロ安とそれに続くヨーロッパを行き先とするパッケージ旅行の値下がりをうまく利用した。加えて、イランへの経済制裁もまたこの地域の成長低下を招いている。
しかしながら、エジプト(+28.02%), イスラエル(+11.70%), クウェート(+11.21%)など好業績が報告されたソースマーケットもあった。
アフリカ:
アフリカからの到着者数は38,959人で6.70%増となった。これは主に、南アフリカ・マーケットの推進力によるもの。

2013年、TATは世界、地域、国内の状況安定が続けば、タイは推定1.1兆バーツの観光収入を生み出す2414万人の観光客を受け入れるだろうと確信している。

2013年1~3月 タイへの観光客Top 10 ソースマーケット
順位/国/総数/前年同期比変化率
1.中国 1,122,691人 +93.47%
2.マレーシア 627,759人 +1.94%
3.ロシア 584,516人 +26.00%
4.日本 408,048人 +22.07%
5.韓国 350,529人 +19.79%
6.ドイツ 252,108人 +12.22%
7.インド 249,350人 +18.21%
8.イギリス 246,943人 +2.83%
9.アメリカ 227,319人 +8.25%
10.オーストラリア 224,530人 +5.55%

ソース:タイ観光スポーツ省 2013年4月10日更新
Source: Ministry of Tourism and Sports, Immigration Bureau, Police Department, updated: 10/04/2013

■TATニュースリリース記事原文(全文)はこちらから
http://www.tatnews.org/media-release/53-media-releases-2013/2328-chinese-visitors-cross-one-million-in-first-quarter-2013

特集:とっておきのタイ情報

タイの世界遺産を巡る旅アユタヤ遺跡群&スコータイ遺跡群へ ロマン溢れる旅に出よう
知って得する!タイ土産とっておき情報 vol.2タイのスーパーマーケットでお土産探し
タイを代表する祭り③イサーン地方のアーティスティックなお祭り「キャンドル・フェスティバル」
バンコク旅行中に訪れてみたい!グルメなタイ人に支持されるタイ料理レストラン5軒

タイを訪れる前に

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチで遊ぶ

    ビーチで遊ぶ

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す