バンコクを中心とした洪水の現状とタイ全土の旅行情報について 11月11日付

2011/11/11

赤字: 警戒エリア
ピンク: 注意喚起エリア
濃青: 避難勧告エリア(*印は地区一部に発令)
下線: 浸水の発生しているエリア
青線: 増水が確認されている運河、今後排水を予定されている運河
赤線: 冠水が確認されている道路
※拡大図はこちらをご覧ください。
http://www.thailandtravel.or.jp/common/pdf/bkk_map_1111_2011.pdf

<現況>
ナコーンサワン県、ウタイターニー県、ロッブリー県、サラブリー県、アユタヤ県では、洪水の影響が回復に向かっている。水位は徐々に低下している。

● アユタヤ県: アユタヤへのアクセスは通常に戻りつつある。アジアロードを利用して、アユタヤへ入ることができるようになった。旧市街のすべての観光地は現在復旧作業を行っており、回復次第再開。
観光可:ワット・パナンチューン、ワット・ヤイチャイモンコン
観光不可:ワット・プラシーサンペット、ウィハーン・プラモンコンボピット、ワット・マハタート、ワット・ラチャブラナ、ワット・チャイワッタナラーム、ミリオン・トイズ・ミュージアム、エレファント・キャンプ
● スコータイ王朝時代に起源をもつ、伝統行事「ロイクラトン祭り」関連のイベントは、11月8日から10日にかけて、スコータイ、チェンマイ、ターク、ハジャイ、スラーターニーなどタイ各地で実施。バンコク、アユタヤ、スパンブリーについては、洪水の影響により中止を決定。
● 影響を受けていない地域:
・北部: チェンマイ、チェンライ、ランパーン、スコータイ
・東北部: ルーイ、ウボンラチャター二―、ウドンターニー、ナコーンラーチャシーマ(コラート)
・中部: ホアヒン、プラチュアッブキリカーン、カンチャナブリー、パタヤ、チョンブリー、ラヨーン、チャーン島
・南部: チュンポーン、サムイ、クラビ、パンガー、プーケット、スラーターニー、ナコーンシータマラート、ソンクラー、サトゥーン

バンコクでは、シーロム、サートーン、バンラック、スクンビットといったバンコク都心部では、大きな影響は出ていない。
北部からの水は、現在バンコク北部に広がっており、ウィーパワーディーランシット通りとパホンヨーティン通りに流れ込み、現在ウィーパワーディーランシット通り沿いのタイ国際航空本社まで到達している。一部はパホーンヨーティン通りと合流し、BTS(高架鉄道)モーチット駅前まで来ている。
水の一部は、バンコク東部および西部にも広がっている。東部では、キングスダイク(バンコク都心を囲む防水壁)の外側に広がり、タイ湾へ向かっている。
西部では、東部よりも大量の水がターチン川を通じてタイ湾へ流れ込むため、広範囲に及ぶ浸水が発生している。
両地域を比較すると、バンコク都心部もあるチャオプラヤー川以東は、地元タイ人の住宅エリアである西側よりも被害が抑えられている。東側には、ポンプ場、運河、キングスダイク(防水壁)を含めより高度な排水システムが設置されている。そのため、バンコク都心部では、洪水の影響は限定的になるとみられている。

<バンコク旅行関連情報>
● バンコク都内では、洪水の状況が急変する可能性もあるため、十分注意をしてください。
● 空港への移動の際には、交通渋滞に巻き込まれる可能性もあるため、時間の余裕をもって移動をしてください。
● タイ国内でのご旅行には、空路をご利用ください。
●バンコク中心部のほぼ全域では、現在まで洪水の影響は出ておらず、通常通りの観光が可能。以下の通り、中心部におけるビジネス、ホテル、店舗、観光地は通常通り営業を行っている。
・カオサン通り
・ペッブリー通り
・プルンチット/チットロム
・プラトゥーナム
・ラーマ1世通り
・ラーマ4世通り
・ラーチャプラソーン(セントラルワールド周辺)
・サートーン
・サイアムスクエア/MBK/サイアムパラゴン
・シーロム/スラウォン
・スクンビット通り/エンポリアム
・ヤワラート(中華街)
観光可:王宮、ワット・ポー(ねはん寺)、ワット・アルン(暁の寺)、ワット・スタット、ワット・トライミット、ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)、旧国会議事堂(アナンタ・サマコム宮殿)、国立博物館、サイアム・スクエア、シーロム、ラーチャプラソン(セントラル・ワールド)
観光不可:サファリ・ワールド、チャトゥチャック・ウィークエンド・マーケット、ラタナコーシン展示ホール、サイアム博物館

<バンコク関連情報>
1. 避難勧告エリア
・バンコク都: ドンムアン地区、ラクシー地区、バンケーン地区、タウィーワッタナー地区、バンプラット地区、タリンチャン地区、バンケー地区、サーイマイ地区、チャトゥチャック地区、クロンサムワー地区、ノンケーム地区、パーシーチャルーン地区
・新たな避難勧告エリア: カンナーヤーオ地区の一部、バンコク・ノイ地区、チョムトン地区、バンボーン地区
*上記はすべて地元の住宅エリアで、旅行者の滞在するエリア、外国人の多く住むエリアではありません。

2. 道路・交通
・バンコク都内のMRT(地下鉄)、BTS、エアポートレイルリンクは通常通り運行。
・長距離バスは、洪水の影響により一部路線を変更して運行。一部路線では運休。
・タイ国鉄の北部および南部路線は、一部洪水の影響のあるエリアで路線変更を行い、通常通り運行。洪水の状況により出発駅をフアランポーン駅またはナコンパトム駅に変更するため、列車利用の際には、事前に確認をする必要あり。
・スワンナプーム国際空港は、通常通り。
※スワンナプーム国際空港では、洪水対策が強化されています。空港の周辺23.5kmを3メートルの堤防で囲んでいます。堤防内には400万立方メートルの容量の6つの貯水池に向け、排水路が敷設され、空港周辺の対策を固めています。貯水池の現在の貯水量は100万立方メートル(25%)に留まっています。さらに、2つのポンプ場(各4つの排水ポンプを収容)では、毎秒12立方メートル、一日に100万立方メートルの排水能力があります。スワンナプーム国際空港の建設にも携わった8名の日本人エンジニアがタイに入国し、支援を行っています。

3. ライフライン
・バンコク都水道局は、バンコク都内における給水に問題はなく、WHO(世界保健機関)の水質基準を維持していると発表。バンコク都、ノンタブリー県、サムットプラカーン県では、通常通り供給。
・バンコク西部の冠水エリアでは、水の変色がみられる可能性もあり、使用前に一度沸騰させて使用することを推奨。
・電力供給は通常通り。
・インターネット、電話回線など通信サービスは通常通り利用可能。

タイ国内主要連絡先:
・タイ気象局:http://www.tmd.go.th/en(英語・タイ語のみ)
・TATツーリストコールセンター:1672
・タイ国際航空:02-356-1111
・バンコクエアウェイズ:02-265-8777/Twitter: @bangkok_airways
・エアー・アジア:02-515-9999
・ノックエアー:02-900-9955
・タイ国鉄(SRT)コールセンター:1690
・トランスポート会社ホットライン(バンコク都内バスの会社):1490

特集:とっておきのタイ情報

タイの世界遺産を巡る旅アユタヤ遺跡群&スコータイ遺跡群へ ロマン溢れる旅に出よう
知って得する!タイ土産とっておき情報 vol.2タイのスーパーマーケットでお土産探し
タイを代表する祭り③イサーン地方のアーティスティックなお祭り「キャンドル・フェスティバル」
バンコク旅行中に訪れてみたい!グルメなタイ人に支持されるタイ料理レストラン5軒

タイを訪れる前に

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチで遊ぶ

    ビーチで遊ぶ

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す