タイ空港公社、滑走路3D探査技術の導入を計画

2012/07/20

<バンコクポスト記事より抜粋>
2012年7月20日
タイ空港公社(AoT)は、スワンナプーム空港滑走路の地下3D(立体画像)を把握するための地震探査技術の導入を計画している。

スワンナプームのジェネラルマネージャー、ソムチャイ氏は、「地球物理学的手法の配置は、地球物理学的構造のよりよい洞察を提供してくれるだろう」と述べた。
石油探鉱で広く使用されている地震探査法は、表面から地下に衝撃を与え、波動反射を計測することにより、地球物理学的構造の物理的性質を“見る”。

「国家統制下の空港運営者は、現在のメンテナンス完了後、地下構造が良好な状態かどうか、さらなる工事が必要かどうかを知るための滑走路の“X線”を必要としている」と氏は語った。

■Bangkok Post原文(全文)はこちらから
http://www.bangkokpost.com/business/aviation/303361/aot-going-3d-to-ease-concerns