第5『タイ・ラオス友好橋』建設予定&ブンカーン県ボートレース開催(9月7日~9日)

2012/08/27

<バンコクポスト記事より抜粋>
2012年8月27日:
5番目となるタイ・ラオス友好橋の表示板が、ブンカーン県ムアン区バーン・フアイ・スアム・ヌア村の入り口に立てられた。
ブンカーンのポーンサック知事によると、建設は今後3年以内に開始される予定。
「内閣はこのプロジェクトを承認し、両国政府は5番目となる橋の建設に基本的に同意する考えを示している」と同知事は話した。

新しい橋は市街の東部およそ12㎞に位置し、ブンカーンとラオスのボーリカムサイをつなぐ予定。投資予定額は約20億バーツ。
「橋は両国の交易を盛んにし、現在の5億4,000万バーツから約240億バーツへとなり、それはノーンカーイ(最初のタイ・ラオス友好橋)と同等水準の交易額となるだろう」と同知事は述べた。
タイからの主要な貿易品は栄養ドリンク、建設資材、電子機器、機械類などで、ラオスからの主要輸入品は加工木材。

同知事は、橋はブンカーンに建設され、それはまたタイからベトナムへの移動距離をも短縮させ、国境からベトナムのビン町まで335㎞となる、と述べた。
「ブンカーンはベトナムや中国への流通の最も近いアクセスポイントとなり、また旅行者にとっても利益になる」と付け加えた。

さてその一方で、ブンカーンでは、タイとラオス両国の関係向上を目指して、両国チーム対抗の『第13回ボートレース』が9月7日~9日に開催される。
勝者にはシリントーン王女より、トロフィーとボートの型に応じて5万~30万バーツの賞金が贈られる。
タイ中央部と東北部から有名なチームがこの競技会に招待されている。
また、OTOP製品の展示会やコンサート、パフォーマンスが行われる。知事はイベント開催の3日間でおよそ20万人の人出を見込んでいる。
ボートレースの詳細・問合せは、タイ国政府観光庁ウドンターニーオフィスまで。
Teo. +66(0)42-325-406

■Bangkok Post記事原文はこちらから
http://www.bangkokpost.com/travel/travel-update/309533/fifth-friendship-bridge-planned

特集:とっておきのタイ情報

ラグジュアリーなリゾートステイ、ビーチアクティビティ、内陸部の秘境巡りを存分に楽しむ写真好きな女子のためのモデルプラン~秘境リゾートクラビ+~
スムーズにバンコクを旅しよう!バンコクの公共交通機関の利用方法とおすすめルート
タイ南部でリフレッシュ旅タイ南部で心と身体をリフレッシュ!
タイ文化をもっと知る!バンコクでチャレンジしたい5つのアクティビティー&ワークショップ

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチに行こう!

    ビーチに行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す