パタヤ 無料高速Wi-Fi導入

2012/09/04

<TTRウィークリー記事より抜粋>
パタヤ、2012年9月3日:
先週のトゥルー・コーポレーション社との合意により、パタヤ市が1,000を超えるスポットで高速Wi-Fiを無料提供する初の観光都市になる予定だ。
パタヤ市は3年間にわたる1億バーツ相当の対応システムの配置とサービス提供についてトゥルー・コーポレーション社との覚書に署名した。同社のワイヤレス・ネットワークは1年で同市の80%をカバーし、2015年までに同市全域対応する予定。
無料ワイヤレス・インターネットは北パタヤのナークルアから南部のジョムティエン・ビーチまですべての主要な観光スポットで利用可能になる。毎2秒2MBのダウンロード速度をユーザーに提供する。

パタヤのイッティポン市長は、「無料の公共サービスは現在の年間550万人の観光客数を7~10%増加させるだろう。観光客のおよそ7割は外国人だ」と述べた。
居住者と観光客はサービス無料だが、パタヤ無料Wi‐Fiを利用するには、まず@TRUEWIFIホットスポット登録が必要。登録は3ヶ月継続され、毎月5時間の利用が可能。

Wi-Fi登録には、タイ人はIDカード番号、観光客はパスポート番号が求められる。
以前、CATテレコム社が光ファイバー・ネットワークをパタヤに作ったが、現在、TOT(タイ国営電話会社)が同市のビーチに沿って256 kbps(キロビット毎秒)速度のWi-Fiを供給している。パタヤはバンコクに次いで、無料Wi-Fi接続を提供する第2の都市となる。

■TTR weekly記事原文はこちらから
http://www.ttrweekly.com/site/2012/09/pattaya-goes-wi-fi/

True Corporation
http://www3.truecorp.co.th/coverpage
TOT
http://www.tot.co.th/intro.html