ロイヤル・エレファント・ナショナル・ミュージアム

2012/11/27

<タイ・トラベルニュース記事より>
2012年11月27日:
月曜日の午後、タイ国王陛下がシリラート病院から外出され、チットラダー宮殿の酪農場プロジェクトを再訪された。また、近くのチャーン・トーン博物館(ロイヤル・エレファント・ナショナル・ミュージアム)も訪問された。博物館はドゥシット動物園の反対側、旧国会議事堂の隣にあり、かつて王室の象舎として使われていた。とりわけ、白象は神のように扱われていた。タイで発見された白象はすべて、自動的に国王陛下の所有物となる。バンコクのドゥシット動物園を訪れるなら、道路を渡ってすぐの象の博物館も見学してはいかが。

■Map
http://maps.google.co.th/maps/ms?msid=210550963008557722983.00048e2fb9b2ab3ff33ef&msa=0&ll=13.774212,100.514731&spn=0.011525,0.021007&iwloc=0004cf6ea39f5697ec495&source=embed

■Thai Travel News記事原文はこちらから
http://www.thaitravelblogs.com/2012/11/royal-elephant-national-museum/