日本の人々に親しまれたゾウの「はな子」の銅像が完成

2017/06/01

昭和24年(1949年)にタイ王国から日本にやってきたアジアゾウのはな子。
2016年、井の頭文化園でおよそ69年の生涯を閉じました。武蔵野市は長年の功績を残すため、「はな子」像の制作実行委員会を設置し、今年5月5日に完成披露式が行われました。
今年、武蔵野市誕生70周年、井の頭動物園100周年、日タイ修好130周年です。はな子が繋いだ日本とタイの深い縁を感じるエピソードです。

はな子像はJR吉祥寺駅の北口広場にあります。

写真提供:日タイビジネスフォーラム吉川様

関連ニュース

関連記事はありません

特集:とっておきのタイ情報

タイにある教会やモスク、中国寺院を巡って異文化体験をしようタイの多様性を感じるお寺巡り旅
バンコクからアクセスしやすいビーチリゾートビーチへ行こう!前編 〜バンコクから簡単に行けるビーチ〜
今年の様子と魅力をお届け!水かけEDMフェス「WATERZONIC」レポート
新市街の注目スポットから、象と触れ合える山岳地帯まで欲張りに遊び尽くす旅上手な女子のための3泊5日のモデルプラン〜チェンマイ編〜

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す