チームタイランドの雪像「ガイチョン(闘鶏)」が見事 優勝!

2018/02/08

第69回さっぽろ雪まつり協賛行事 第45回国際雪像コンクールは、2月8日(火)大通西11丁目国際広場にて審査会と表彰式が行われ、チームタイランドの雪像「ガイチョン(闘鶏)」が見事優勝しました。

22回目の出場となるチームタイランドの作品は「タイの闘鶏ガイチョン」。
タイの伝統的な闘鶏「ガイ・チョン」は、ムエタイとともに何百年もの間国民に親しまれているスポーツです。敗北した鶏が大鍋で調理されてしまうというこのスポーツは、タイの伝統的な田舎での厳しい生活風景を象徴しています。

団員はKusol Bunkobsongserm氏(彫刻家)、Amnoaysak Srisuk氏(彫刻家)、Kritsana Wongtes氏(彫刻家)の3名。

2018年大会では12チーム【タイ、フィンランド、ハワイ、インドネシア、オーストラリア、マカオ(中国)、ポーランド、シンガポール、アメリカ、中国、姉妹都市・大田広域市(大韓民国)、姉妹都市・ポートランド市(アメリカ)】が参加し、3メートルの雪の立方体を4日間の制作期間でそれぞれの作品に仕上げました。

結果はこちらhttp://www.snowfes.com/place/contest/

関連ニュース

関連記事はありません