12/11まで アーティスト・マンガ家 ウィスット・ポンニミット展「元の気/MOTO NO KI」六本木で開催中

2016/11/21

物事に、なんでも元がある
なんの気でも、元の気がある
元気を探そう 元々あるもの
「元の気」を探す展覧会

展覧会名:元の気 / MOTO NO KI
会場:六本木ヒルズA/Dギャラリー
〒106-6103 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ ウェストウォーク3F(アート&デザインストア内)
Tel: 03-6406-6875
会期:2016年11月18日(金)~12月11日(日) 会期中無休
開館時間:12:00~20:00
入場料:無料
主催:森ビル株式会社 森美術館 森アーツセンターミュージアムショップ
後援:タイ王国大使館
◆ウィスットさんは宝島社リンネルに自身のマンガ「マムアンとララちゃん」を連載中で、2月号(2016年11月発売)のバンコク特集ではバンコクのアトリエ訪問の様子が紹介されます。

http://www.wisutponnimit.com/post/151425016643/motonoki

【作家プロフィール】
ウィスット・ポンニミット|Wisut Ponnimit
1976年、タイ・バンコク生まれ。愛称はタム。1998年バンコクでマンガ家としてデビューし、2003年から2006年まで神戸に滞在。2009年『ヒーシーイットアクア』により文化庁メディア芸術祭マンガ部門奨励賞受賞。現在はバンコクを拠点にアーティスト・マンガ家として作品制作の傍ら、アニメーション制作・音楽活動など多方面で活躍する。主な作品に「マムアン」シリーズ、『ブランコ』(小学館)、『ヒーシーイット』シリーズ(ナナロク社)など。2016年には、新刊『ヒーシーイットレモン』刊行、個展「ほっとすぽっと」開催、くるりの楽曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」PV制作を手掛けたほか、さいたまトリエンナーレ2016にも参加。