【WEB】NIKKEI STYLEにてチェンマイでのワーケーション体験を紹介

2019/07/02


『ワーケ―ション』とは、まだ耳慣れないワードかも知れませんが、2000年代にアメリカで生まれた「ワーク」と「バケーション」を合わせた造語で、「旅先でリフレッシュしながら仕事をする」という新しいスタイルが、ノマドやリモートワークとい働き方とともに近年注目されています。

その滞在先として、タイは29泊30日まで観光目的であればビザ無しで滞在が可能であることや、日本よりも比較的物価が安い上に、クオリティの高いコワーキングスペースが充実してることなどから人気を集めています。特に日本人のロングステイ先として人気のチェンマイは、バンコクに比べてコストをおさえることができ、治安がよく暮らしやすいことから、ワーケーション先としても人気が高まっています。

NIKKEI STYLEでは、6月に取材したチェンマイでのワーケーション体験が紹介されています。心豊かに過ごす選択肢のひとつとして、特集記事をぜひご覧ください。

6/28UP タイのチェンマイで体験 働きくつろぐワーケーション

特集:とっておきのタイ情報

バンコクからアクセスしやすいビーチリゾートビーチへ行こう!前編 〜バンコクから簡単に行けるビーチ〜
今年の様子と魅力をお届け!水かけEDMフェス「WATERZONIC」レポート
新市街の注目スポットから、象と触れ合える山岳地帯まで欲張りに遊び尽くす旅上手な女子のための3泊5日のモデルプラン〜チェンマイ編〜
まだ見ぬ景色に出会う絶景をのぞむ、知られざる地方のお寺9選

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す