MasterCard、初の「アジア太平洋地域渡航先ランキング」を発表

2016/03/14

マスターカードより、以下プレスリリースが届きました。

MasterCard(本社:ニューヨーク州パーチェス)は、今回初となる調査「アジア太平洋地域渡航先ランキング(MasterCard Asia Pacific Destinations Index)」を発表しました。一泊以上滞在する海外からの渡航者が初めて2,000万人を超えたバンコクが他の都市を大きく引き離し、第1位に選ばれました。第2位と第3位は、僅差でシンガポールと東京がそれぞれランクインしています。

(中略)
トップ10にはタイの3都市が名を連ね、バンコクの他にも、プーケットと沿海都市のパタヤがそれぞれ第5位(930万人)と第8位(810万人)にランクインしました。 またトップ10のうち5都市で、一泊以上滞在する海外からの渡航者数が対前年比10%以上の増加を見せています(バンコク:28.6%増、東京:53.2%増、プーケット:15.5%増、パタヤ:10.0%増、大阪:54%増)。

「アジア太平洋地域渡航先ランキング」では、アジア太平洋地域の167渡航先都市を調査対象としています。今回の調査では、その167都市中、一泊以上滞在する海外からの渡航者の約半数が上位20都市に渡航していたことが分かりました。

アジア太平洋地域では2015年、旅行業によって2兆2,700億USドルの経済効果と1億5,370万人の雇用が創出され、GDPと雇用に大きく貢献し、同地域は世界最大の観光市場へと成長しました。

また、渡航者による渡航先都市での総消費額は、バンコクが第1位(152億USドル)、続いてソウルが第2位(144億USドル)、シンガポールが第3位(141億USドル)、東京が第4位(119億USドル)、クアラルンプールが第5位(105億USドル)となりました。

▼MasterCardプレスリリース全文(日本語)
http://newsroom.mastercard.com/asia-pacific/ja/press-releases/newsroom-160203/

▼「アジア太平洋地域渡航先ランキング」の完全版はこちらからダウンロードいただけます。(英語のみ)
http://news.mstr.cd/1K7yieX

特集:とっておきのタイ情報

タイの南国リゾートを旅しよう自然の神秘を感じるリゾート、クラビへ行こう!
旅の計画に役立つ!5分でわかる、はじめてのバンコク旅行
一生忘れられない思い出を子供も大人も楽しめる!家族旅行でタイに行こう
タイを代表する祭り③タイで最も美しい祭り「ロイクラトン祭り」を巡る

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチで遊ぶ

    ビーチで遊ぶ

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す