【記者会見】タイ国スポーツツーリズム アメージングな365日

2020/02/11

スポーツを主軸とした観光プラン

タイ国政府観光庁は2020年2月10日(月)、都内ホテルにて記者会見「タイ国スポーツツーリズム アメージングな365日(Thailand Sports Tourism 365 Days Amazing You)」を開催し、日本国内のメディアや旅行関係者に向けてスポーツを主軸とした観光プランをご紹介しました。


ナッピントーン・シーサンパーン氏(タイ国観光スポーツ省 副大臣)


シントン・ラーピセートパン氏(駐日タイ国特命全権大使)


ナッタウット・ルアンウェート氏(タイ国政府スポーツ庁 エリートスポーツ・スポーツ科学担当 副総裁)


グリッサナ・ゲーオタムロン氏(タイ国政府観光庁 広報宣伝局長)


稲田正彦氏(一般社団法人日本旅行業協会 海外旅行推進部長)


写真中央:ナッピントーン・シーサンパーン氏(タイ国観光スポーツ省 副大臣)、左から3番目:シントン・ラーピセートパン氏(駐日タイ国特命全権大使)、右から3番目:ナッタウット・ルアンウェート氏(タイ国政府スポーツ庁 エリートスポーツ・スポーツ科学担当 副総裁)、右から2番目:グリッサナ・ゲーオタムロン氏(タイ国政府観光庁 広報宣伝局長)、左から2番目:稲田正彦氏(一般社団法人日本旅行業協会 海外旅行推進部長)、右:タヌキアット・ジャンチュン氏(タイ国政府スポーツ庁 プロスポーツ開発&ボクシング部部長)、左:セークサン・スィープライワン氏(タイ国政府観光庁東京事務所長)

『タイ国スポーツツーリズム アメージングな365日』で主軸となるスポーツ種目

6 種のスポーツをタイ国の観光スポットを絡めたレジャープランをご用意し、その中で国際レベルの観光都市としてさまざまな企画や環境保護活動に挑戦します。

1)ゴルフ
タイ国には 200 か所ものゴルフ場があり、いずれも美しい景観と国際的な水準の設計、高品質な設備、そしてプロの資格を有するキャディーをはじめとするスタッフ陣を誇っています。日本のプロゴルフツアーも開催され、2018 年には世界から47 万人のゴルファーがゴルフ観光に訪れています。

2)ムエタイ
ムエタイはタイならではのスポーツ。海外からの観光者が観戦だけではなく、気軽に安全に体験できるようにタイ国政府観光庁が先陣を切って「Awesome Muay Thai(驚きのムエタイ)マニュアル」を発表し、多くのムエタイのトレーニングジムやイベントの話題などを紹介しています。

3)ダイビング
タイ国の湾岸や島々には、風光明媚で設備が整ったダイビングポイントが多数あります。また、ダイビングのライセンス取得の支援にも力を入れており、日本語で受講できる講習会も用意しています。

4)マラソン
タイ国は、気候的にさまざまな屋外イベントの開催に最適で、マラソンも盛んです。中でも 5 つの大きなマラソン大会が注目を集めており、昨年より国際レベルのマラソン大会もあります。タイ国政府観光庁は旅行会社と協力してマラソンツアーを造成しています。

5)自転車レース(ツールドフランス・タイ国大会)
2 年前から世界的な自転車レース・ツールドフランスのタイ国大会(L’Etape Thailand by Tour de France)を開催しています。2020 年は 10 月に開催予定です。レーサーにも観戦者にも、自然に恵まれた景観も堪能できます。

6)モーターサイクルレース(MotoGP PTT Thailand Grand Prix)
世界最高峰の二輪ロードレース MotoGP PTT Thailand Grand Prix が 2018 年より 2 年連続で開催されており、3 年目となる今年は 3 月 20~22 日に行われます。世界中から実力派ライダーが集結するこのレースには、昨年は 22 万6,655 人の観客(うち海外からの観光客が 41 か国から 5 万 9,525 人、外国人記者が 32 か国から 483 人)訪れ、今年はより増員されると見込まれています。またテレビ番組を通じて 207 か国約 8 億人に認知され、MotoGP 公式サイトには2,800 万人のアクセスが集まりました。

『タイ国スポーツツーリズム アメージングな365日』の構想

『タイ国スポーツツーリズム アメージングな365日』では上記 6 種の種目を主軸に、さまざまな観光プランを提供してまいります。日本市場における60周年キャンペーンとして、お弁当ジャーニー(Obento Journey)ツアーを旅行会社と商品開発いたします。これは、タイ語でお弁当を意味する“ピントー”プロジェクトで廃プラスチック削減のメッセージが込められています。また、持続可能な観光(Sustainable Tourism)を目指します。 『タイ国スポーツツーリズム アメージングな365日』では、スポーツと観光を通じて、環境問題や治安、国際性に関するタイ国の姿勢もアピールしていきます。


特集:とっておきのタイ情報

タイ旅行いつから行ける?そろそろ次のタイ旅行を準備しよう③【タイへさきたび】バンコク
海も陸も満喫できるプーケット&アンダマン海北部の人気ポイントに近いカオラックでダイビングを楽しもう【タイでダイビング】タイ南部のプーケット&カオラック
タイ有数のダイビングサイト タオ島&サムイ島でダイビングを楽しもう【タイでダイビング】タイ南部のタオ島&サムイ島
バンコクはルーフトップバー天国シリーズ第二弾アクセス抜群!BTSスクンビット線沿いのルーフトップバー5選

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す