【ワーケーション|テレワーク】実例紹介 チェンマイ編

2020/02/17


写真:チェンマイコワーキング施設 「PUNSPACE」 WIANG KAEW支店

ワーケーションやテレワーク先として注目のチェンマイ

ワーケーション、テレワーク、ノマド、コワーキングスペースなど最近耳にする機会が増えた言葉です。その先として注目されているのがタイ北部チェンマイ。タイ国政府観光庁(TAT)は2019年6月中旬、メディア向けにチェンマイ視察を実施しました。


写真:チェンマイコワーキング施設「The Brick Space」 Chiang Mai店

参加メディアの「トラベルWatch」取材記事を見た伊藤直子さんより、2/9(日)~13(木)の5日間ワーケーションでチェンマイに行ったという連絡がありました。

ケーススタディとしてレポートをシェアします。参考になりますので是非ご覧ください。

▼伊藤直子さんのFacebookレポート記事

行ってきました「ワーケーション」 in タイ・チェンマイ。20数年ぶりの海外!※「ワーケーション」とは、「ワーク」と「バケーション」を組み合わせた造語。2/9(日)~13(木)の5日間。うち、1日だけワークしました。チェンマイは、…

伊藤 直子さんの投稿 2020年2月15日土曜日

▼バケーションと仕事を両立する「ワーケーション」をタイのチェンマイで体験!
「トラベルWatch」取材記事

また、ゴルフコーチ 大矢隆司さんのブログやSNSでもワーケーションについて紹介しています。

▼大矢隆司さんのFacebookレポート記事

チェンマイは山が近く涼しい、バンコクに比べて物価が安くて過ごしやすいということで、世界中のノマドワーカーが集まってます。プログラミングする人、絵を描く人、写真を撮ってレタッチしてる人、ダラダラしてる人(私含む)ヨーロッパ系、インド系、ア…

大矢 隆司さんの投稿 2019年5月17日金曜日