【映画】「断捨離」ムービー『ハッピー・オールド・イヤー』著名人からの絶賛コメントご紹介

2020/11/21

日本で サプライズ ヒット し た 『バッド・ジーニアス 危険な天才たち』 の 役名 “リン の愛称で も 親しまれる 、 チュティモン ・ジョンジャルーンスックジン の 最新作 は、 誰 に で も 身 に 覚 え があ る よう な あ る あ る が 満載 の 、 ほ ろ 苦 断捨 離” ムービー だ 。
留学先の スウェーデン でミニマルなライフスタイル に 魅了 さ れ た デザイナー の ジーン 。帰国後、実家のビルを自分のデザイン事務所に 改装す る こと を 思い立ち、 モノ で あふれた家の“断捨離”を始める。 し か し、 リフォーム に 反対 す る 母親 と ケンカ に な った り、 親友 か ら の プレゼント を 捨 て て し まい 気 ま ず く な った り 、 元恋人 の 持ち物 の 処分に 頭 を 悩 ま せ た り と 、 断捨離 マス タ ー へ の 道 は 前途多難 さ ら に、 気分 は 晴れ晴 れ スッキリ す る か と 思い き や 、 部屋 が 片付 い て 行 く に つ れ 、 モノにまつわる 思い出 が溢れだし て ジーンの 心は 散り散り に乱れて い き。 近 づ く 年末、 ジーン は 断捨離 を 達成 さ せ 、 新たな気持ちで新年を迎えることが出来るのか。
監督と 脚本 を務めるのは 、 自主制作 とメジャースタジオ の 双方でフレキシブルに活躍 する俊英 ナワポン・タムロンラタナリット 。 36 歳 という 若 さ で こ れ ま で に 6 本 の 長編 作品 を 撮 り 、 7 作目 の 本作 で つい に 日本劇場 初公開 を 果 た し た 。 本作は 、 第 15 回大阪アジアン映画祭で 最優秀 作品賞 であ る グランプリを受賞 し た ほ か、 ロッテルダム 映画祭 や 釜山国際映画祭 な ど、 世界各地の映画祭にも多数招聘されてい る。

『ハッピー・オールド・イヤー』
12/11(金)シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー
配給:ザジフィルムズ、マクザム
(c) 2019 GDH 559 Co., Ltd.
ハッピー・オールド・イヤー公式サイト:外部リンク

『ハッピー・オールド・イヤー』コメント(敬称略・順不同)

各界の著名人からコメントが到着!
——————————————–

何を捨てて、何を残すか。
その選別はとても難しい。
出来るだけシンプルに生きていきたいと思うようになった今、
感謝の気持ちを込めて、ひとつづつ手放すことにしている。
新しい一歩を踏み出すために。
原田知世(女優/歌手)

——————————————–

私にはあまり捨てたいと思うモノがありません。
でもきっと捨てようとしている何か・捨てられない何かと向き合った時、今より少し前に進めるのかもしれません。抱きしめられるだけの小さな幸せと思い出を大切にしたいと思いました。
奈緒(女優)

——————————————–

捨てるか、残すか、返すか、売るか……
片付けとは、人生にときおり訪れる「決断の時」だ。
主人公のジーンも、たくさんの決断を迫られている。
いい結果を生むこともあれば、やりきれなさを感じることもあるけれど、
ひとつ決断するたびグッと濃くなる人生の陰影は、とても美しい。
トミヤマユキコ(ライター・東北芸術工科大学芸術学部講師)

——————————————–

モノに溢れた生活は、心につかえがある証拠。
余計なモノ=ゴミではないし、ミニマリストになる必要はないけど、
前に進むためにおろせるモノはおろさないと。
失うことへの恐れに立ち向かう、気持ちの大掃除映画。
よしひろまさみち(映画ライター)

——————————————–

記憶の断片に一つずつ「。」を打っていく。
断捨離とは、モノに宿る物語を昇華させていくことなのだと思った。
しかし、そう簡単にはいかない。
だからこそ、そこにまた新しい物語が生まれる。
鶴田真由(女優)

——————————————–

ジーンの目鼻立ちが整理整頓感漂うクールビューティで、
彼女を見ているだけで片付けたくなってきます。
部屋を整理するためには、感情の整理が必要だとジーンに教わりました。
自分の周りの環境は内面の反映なのです……。
辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)

——————————————–

ものを捨てる。それは長らく罪なことだった。
それがこの10年で革新的な思想が広がり、ものを捨てるのはいいことになった。
だけどまあ、人の心は簡単には変われないのだ。
山内マリコ(作家)

——————————————–

何かを片付けようとして、片付けられない物や、過去や、感情に行き当たる。
それに向き合うチュティモン・ジョンジャルーンスックジンの顔が素晴らしかった。
山崎まどか(コラムニスト)

——————————————–

誰かの成長の物語というだけではない。
家族の物語でもあるし、友達や恋人、世界との向き合い方の物語かもしれない。
のっぽの主人公が頑固なのだけれど、なんだか愛しい。
女同士の向き合い方が、切なくて秀逸であります。
渡辺真起子(俳優)

——————————————–

想い出も黒記憶も、すべて経験したから“いま”が在る。
振り返り、向き合うのは時に切なく怖いけれど……「過去」は、前に進むための枷(かせ)なんかじゃない。掃くでも除くでもなく、ぎゅっと抱きしめて進もう。
この映画は、心の容量を優しく広げてくれた。
SYO(映画ライター)

——————————————–

断捨離。断つ、捨てる、離す。
字の如く、全ての物事とお別れできたら、人生はすっきりさっぱり綺麗だ。…でも、それってどうなんだ。
ごちゃついて一生整理のつかない、混沌こそが人生の面白みなのではないだろうか。
そんなことをずっと自身に問いかけてしまう。
枝優花(映画監督・写真家)

——————————————–

【スタッフ】
監督・脚本・プロデューサー:ナワポン・タムロンラタナリット
撮影監督:ニラモン・ロス
編集:チョンラシット・ウパニキット
ラインプロデューサー・衣装デザイン:パッチャリン・スラワッタナーポーン
音楽:ジャイテープ・ラールンジャイ
製作:GDH559

【キャスト】
ジーン:チュティモン・ジョンジャルーンスックジン
エム:サニー・スワンメーターノン
ミー:サリカー・サートシンスパー
ジェー(ジーンの兄):ティラワット・ゴーサワン
ピンク(ジーンの友人):パッチャー・キットチャイジャルーン
ジーンとジェーの母:アパシリ・チャンタラッサミー

原題:ฮาวทูทิ้ง..ทิ้งอย่างไรไม่ให้เหลือเธอ(英題:Happy Old Year)
2019年/タイ映画/1:1.5/113分/字幕翻訳:横井和子/字幕監修:高杉美和
配給:ザジフィルムズ、マクザム 
協力:大阪アジアン映画祭 後援:タイ国政府観光庁
(c) 2019 GDH 559 Co., Ltd.

第15回大阪アジアン映画祭 グランプリ(最優秀作品賞)
第49回ロッテルダム国際映画祭 Voices Main Programme選出
第10回北京国際映画祭 パノラマ部門正式出品
第25回釜山国際映画祭 A Window on Asian Cinema正式出品
第14回アジア・フィルム・アワード 主演女優賞・衣装デザイン賞ノミネート