【ゴルフ】コロナ隔離がタイ政府指定ゴルフ場で代替可能

2021/02/22

2021年1月13日現在

コロナ隔離をゴルフ場で過ごす提案

この度タイ保健省コロナ緊急対策センター(EOC)は、ASQホテルでの隔離検疫をする代わりにゴルフ場でラウンドしながら16日間隔離検疫することができる政府指定の6つのゴルフ場を発表しました。

コロナ禍において、ビザ免除対象国(日本も含む)の渡航者がタイへ入国する場合、入国前に入国許可書(COE)をタイ王国大使館で取得し、タイ入国後、PCR検査を受けます。陽性判定の場合はタイ政府指定の施設に移り隔離されます。陰性の場合は、指定のゴルフ場で16日間隔離検疫することになります。滞在中には3度のPCR検査があり、ゴルフ場施設内から外にでることはできませんが、ゴルフをお楽しみいただけます。

ゴルフ隔離をする場合は、ゴルフアジアンなど現地指定代理店を通して予約する必要があります。

タイ政府指定のゴルフ隔離ゴルフ場

マイダゴルフクラブ|Mida Golf Club
(カンチャナブリー県)
18ホール、7,023ヤード、パー72。
ゴルフ練習場、スイミングプール完備。
ホームページ(Facebook)
サワンリゾートゴルフクラブ|Sawang Golf Club
(ペッチャブリー県)
27ホール、10,412ヤード、パー108。
ホテル、レストラン、ゴルフ練習場、スイミングプール、クラブハウス、プロショップ完備
ホームページ(Facebook)
ブルースターゴルフコース|Blue Star Golf Course
(カンチャナブリー県)
18ホール、7,000ヤード、パー72。
宿泊施設、クラブハウス、ゴルフ練習場完備。
ホームページ(Facebook)
エバーグリーンヒルズゴルフクラブ&リゾート|Evergreen Hills Golf Club & Resort
(カンチャナブリー県)
18ホール、6,879ヤード、パー72。
客室97室、クラブハウス、レストラン、ゴルフ練習場、テニスコート、スイミングプール完備。グループのみ対応。
ホームページ
アティタヤチェンマイゴルフ&リゾート|Artitaya Chiang Mai Golf & Resort
(チェンマイ県)
18ホール、7,329ヤード、パー72。
レストランとクラブハウス完備。
ホームページ
アティタヤカントリークラブ|Artitaya Country Club
(ナコーンナーヨック県)
18ホール、7,054ヤード、パー72。
リゾート、ゴルフクラブハウス、レストラン完備
ホームページ
※ゴルフ場の予約については、現地指定代理店「ゴルフアジアン」によると、マイダゴルフコースが2月16日からの受け入れとなり、他のゴルフコースについては順次受け入れる予定。2021年1月18日現在

ゴルフ隔離を利用してタイへ行く方法

【ステップ1】 タイ王国大使館や領事館のサイトから入国許可書(COE)の申請をし、承認を得る
タイ王国大使館HP
【ステップ2】 航空券とゴルフ場を予約し、必要な書類を大使館に提出し入国許可書を取得
ゴルフアジアン日本語サイトへアクセスしてください。
ゴルフアジアン日本語サイト
ゴルフ隔離検疫パッケージについての説明をよくお読みください。
※お問い合わせ、お申し込みはウェブサイト内の専用フォームからお願いいたします。
【ステップ3】 タイに到着後、PCR検査を受けて、陰性であれば、そのまま予約したゴルフ場に移動。もし、陽性であればタイ政府指定の施設で隔離。