【タイの国立公園】サンゴ礁に有害な成分を含む日焼け止めの持込・使用を禁止

2021/10/13

2021年8月4日から、タイではサンゴ礁に有害な化学物質を含む日焼け止めの国立公園への持ち込み、及び国立公園での使用が禁止となっています。

禁止となる化学物質4種類は下記の通りです。

1)オキシベンゾン(ベンゾフェノン-3、BP-3)
2)オクチノキサート(メトキシケイヒ酸エチルヘキシル)
3)4-メチルベンジリデンカンファー
4)ブチルパラベン

これらの化学物質がサンゴ礁の劣化や白化を引き起こすことが学術データで示されており、上記の措置が取られることとなりました。

尚、違反した場合は法律により10万バーツ以下の罰金が課せられます。

Department of National Parks, Wildlife and Plant Conservation

関連ニュース

関連記事はありません

特集:とっておきのタイ情報

地域社会の強化によりタイの文化や伝統の保存を促進します【CBT】コミュニティベースド・ツーリズム
サムイ・プラスに関する情報サムイ・プラス・サンドボックスについて
プーケット・サンドボックスに関する情報プーケット・サンドボックスについて
一度は訪れてみたい観光名所やタイの伝統文化に触れられる注目のタイドラマタイドラマ『Love Beyond Frontier』ロケ地紹介

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す