プラタート・ナードゥーン

Phatat Nadoon
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

マハーサーラカーム県ナードゥーン地方には、依然より堀に囲まれた広大な古代都市の跡が発見されています。その敷地内から古代人の人骨をはじめ、石造寺院の遺跡、仏像などが発掘されていることから、ここは6~11世紀にチャオプラヤー川流域周辺に勃興したドヴァーラヴァティー王朝と同時代の国家・チャンパーシーが形成されていたと推測されています。さらに1979年、文化庁の発掘調査で3重の金、銀、銅製の容器に納められた仏舎利が出土したことを受け、関係者が東北地方に古くから仏教が栄えたことを記念し1987年にプラタート・ナードゥーン寺院を建立。四角い土台の上に鐘型の大きな白い仏塔(チェディ)は出土した容器の形を模ってつくられたもの。仏塔の周囲にさらに4つの小さな仏塔が配置され、また境内には仏教関連博物館や植物園なども設けられています。マカブチャー(万仏祭)など仏教行事の際には、地元の人々が大勢集まる中心的な宗教施設となっています。

基本情報

名称 プラタート・ナードゥーン
名称(英) Phatat Nadoon
住所 Na Dun, Mahasarakham 44180
アクセス ナードゥーン郡役所より1キロメートル
地図Googleマップで確認する

この記事のタグ