プーケット・タイファー・ミュージアム

Phuket Thaihua Museum
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

1934年に建てられ、2001年まで中国語の学校として使われていた建物をリニューアルしてつくられた、プーケットのチャイニーズカルチャーを紹介する博物館。福建省からプーケットへ渡った中国人移民と錫採掘の歴史、食文化などが写真パネルで紹介されています。建物の正面の屋根には、中国では吉祥の縁起物と信じられる赤いコウモリの像が。これは同時に「学問こそ最高の吉祥だ」という子供たちへのメッセージなのだそうです。オールドタウンではまずココを訪れて、すこしその歴史と文化を知ってから回ると、きっと街並みの見え方が違ってきます。

基本情報

名称 プーケット・タイファー・ミュージアム
名称(英) Phuket Thaihua Museum
営業時間 11時から19時まで。月曜休館
料金 2010年から入館料100Bの予定
住所 28 Krabi Rd, Taladyai Subdistrict Muang Phuket
アクセス プーケットタウン中心地から徒歩すぐ
電話 076-211-224

この記事のタグ

特集:とっておきのタイ情報

タイ文化をもっと知る!バンコクでチャレンジしたい5つのアクティビティー&ワークショップ
タイを代表する祭り①水掛け祭りとしても知られるタイ旧正月のお祭り「ソンクラーン」
田園風景が広がる長閑なエリアへタイの伝統と歴史を感じる、南イサーンの旅
人気店のオーナーに聞く!タイの郷土料理 vol.2刺激的な辛さが病み付きに!?「タイ南部料理」

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチに行こう!

    ビーチに行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す