シャークフィンリーフ

Shark Fin Reef
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

No.3の南東から1km 以上にわたって続くダイナミックな隠れ根ポイント。30m 以深から切り立った岩がサメの背ビレのように水面に見え隠れするため、この名がついた。根の東側には人工的に切り取った遺跡のような場所があり、冒険心をそそる。時に流れが速くなることもあり、根のそばで隠れているとイエローバックフュージュラなどのタカサゴ系の魚が川の流れのように通り過ぎていく。根の北側は比較的緩やかなスロープになっており、ウミウチワやハードコーラルが咲き乱れ、砂地にはトラフザメ、ブラックチップシャークなどの大物も出現する。

基本情報

名称 シャークフィンリーフ
名称(英) Shark Fin Reef
アクセス ダイブクルーズ 。 デイトリップなら、カオラック(タプラム港)から スピードボートで1時間、大型ボートで3時間
地図Googleマップで確認する

キーワード

シャークフィンリーフ SharkFin Reef Shark FinReef ダイブサイト DIVE SITES DIVE SITE シャークフィン

特集:とっておきのタイ情報

2021年10月にオールドタウンで訪れたカフェと、スペシャルティコーヒーが楽しめる郊外のビストロ│プーケット県プーケット・オールドタウンと近郊のカフェ巡り│2021年10月
アフターコロナにつながる最新ゴルフツーリズム「プーケット・サンドボックス」で楽しむタイゴルフ
サムイ・プラス・サンドボックスに関する情報サムイ・プラス・サンドボックスについて
プーケット・サンドボックスに関する情報プーケット・サンドボックスについて

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチへ行こう!

    ビーチへ行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す