スーブ・サンパンタウォン教会

Suebsamphantawong Church
この記事のタグ
photo
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail
  • thumbnail

1904年、シーロム地区に設立されたこぢんまりとした白亜の教会。当時高級官僚だったプラヤー・サラシンが亡くなった愛息・スーブ・サンパンタウォンを偲び、屋敷があった土地をアメリカ人宣教師アーサーJ. ブラウン氏らに寄贈したのが始まりとされます。もともと海抜の低い土地だったことから、「水上に浮かぶ船」のごとく、地中に杭を打たずに建築されているのが特徴です。現在の建物は1953年に修復されていますが、礼拝堂では建設当時の柱や、ラーマ5世から寄贈されたという全長2m余りの大きな振り子時計を見ることができます。

基本情報

名称 スーブ・サンパンタウォン教会
名称(英) Suebsamphantawong Church
営業時間 ミサは毎週日曜日、9時から10時15分まで/10時45分から12時まで
料金 無料
住所 5 Siviang Rd, Silom, Bangrak, Bangkok 10500
アクセス BTSスラサック駅から徒歩約10分
電話 02-235-1240, 02-236-7044
FAX 02-266-3836

この記事のタグ

特集:とっておきのタイ情報

タイ文化をもっと知る!バンコクでチャレンジしたい5つのアクティビティー&ワークショップ
タイを代表する祭り①水掛け祭りとしても知られるタイ旧正月のお祭り「ソンクラーン」
田園風景が広がる長閑なエリアへタイの伝統と歴史を感じる、南イサーンの旅
人気店のオーナーに聞く!タイの郷土料理 vol.2刺激的な辛さが病み付きに!?「タイ南部料理」

#こんなタイ知らなかった

旅のテーマから探す

  • 女子旅

    女子旅
  • お寺巡り

    お寺巡り
  • グルメの旅

    グルメの旅
  • ビーチに行こう!

    ビーチに行こう!

動画で見るタイ

funclub
SNSでも情報をお届けしています。
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram
tripping

思い出をシェアしよう

エリアから探す