メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)

Mae Klong Railway Market (Hoop Rom Market)
メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)
  • メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)
  • メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)
  • メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)
  • メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)
  • メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)
  • メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)
  • メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)
  • メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)
  • メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)
  • メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)

サムット・ソンクラーム県メークロン駅近くには、現役で使用している線路脇に野菜や果物などの商店が所狭しとひしめき合う鉄道市場があります。別名タラート・ロム・フッブ=傘をたたむ市場(ตลาดร่มหุบ)。その名の通り、線路脇で商売をする人たちは、メークローンとバーンレーム間を往来する列車が行き交う時(1日8回)に、店のテントやパラソルをたたんで列車を除け、列車が通り過ぎると再びテントやパラソルを広げて商売を再開します。

売られている物は、メークローン名物のプラートゥー(あじのような魚)のほか、果物、野菜、カレーペースト、日用品などで、まさに庶民の生活を支える台所です。列車が通過する度に店をたたむようになったのは1984年頃からと言われ、世にも珍しいこの光景は一見の価値あり。バンコク発着の日本語定期観光バスが主催する日帰りツアーも催行していますので、近郊のアンパワー水上マーケットとその周辺の観光と合わせてお楽しみください。

ウォンウィエンヤイ駅 - マハーチャイ駅間は1日4往復(2021年11月現在)
■ウォンウィエンヤイ駅発
6:25/7:00/7:40/8:35
■マハーチャイ駅着
7:27/8:00/8:39/9:25
マハーチャイ駅からボートで川を渡り、バーンレーム-メークローン線に乗り換える。
■バーンレーム駅発メークローン駅行きの時刻表
10:10/11:10

※最新のタイムテーブルは、現地にて再度ご確認ください。

基本情報

名称 メークローン鉄道市場(タラード・ロム・フッブ)
名称(英) Mae Klong Railway Market (Hoop Rom Market)
URL https://www.tourismthailand.org/Attraction/mae-klong-railway-market-hoop-rom-market
料金 無料
住所 Maeklong, Samut Songkram
アクセス ①国鉄ウォンウィエンヤイ駅からマハーチャイ駅行きに乗車。ボートで川を渡り、メークローン線に乗り換える。②南バスターミナルから[BKK-Amphawa-Damnoen Saduak]路線バスに乗車しメークローンで下車、徒歩すぐ
地図Googleマップで確認する
キーワード
メークローン鉄道市場 メークローン市場 メークロン市場 Maeklong Market Maeklong Railway Rom Hoop Market メークローン線路沿い市場 メークローン メークロン

旅に必要なリスト

おすすめ情報・キャンペーン

スペシャル企画